FINANCE Stock THOUGHT

【含み益課税という暴挙】 これはご祝儀相場どころではないぞ!

投稿日:

 

明日4日、いよいよ岸田内閣が誕生しますが、マーケットとしては、今のところ歓迎していない様子が伺えます。

先週の日経平均株価は、5日続落となり、1週間で1,500円も下落する大暴落となっています。

 

米国の長期金利上昇や、中国の不動産問題があるとはいえ、厳しい洗礼が浴びせられている格好です。

ご祝儀相場などどこへやら、全く残念な状態に陥ってしまっています。

 

 

ここから、大型の財政出動に動くと言われていますので、盛り返す場面があるとは思っていますが、根本的に、彼の政策というか基本理念が、マーケットとは合わないということではないかと心配しています。

所得倍増と言いながら、実のところは、税金倍増を狙っていると思われてしまっては、全くもって救いようがありません。

 

なんせ、含み益課税を検討しているとかしないとか。

この時点で、岸田内閣は、ジ・エンドですよね。

 

 

もともと、彼には、緊縮財政・増税の匂いがプンプンしていました。

なぜならば、身内が、みな財務省だからです。

 

財務省の犬と呼ばれているのは、事実なのでしょう。

結局、彼の聞く力とは、財務省の言うことを聞くということなのです。

 

 

早くも、化けの皮が剥がれた感があります。

というか、総裁選の間は、巧妙になりを潜めていたということなのでしょう。

 

こんな増税論など、総裁選の間は一度も議論されていないですよね。

むしろ、彼は、消費税は上げないということを明確にしていましたので、この一点で、完全に煙に巻いたのでしょう。

 

 

やられましたね。

ああ見えて、なかなかの策士です。

 

 

この成長戦略に反する増税策は、全くもってナンセンスなので、反対する識者は多いと思いますが、問題は、これらの反対論を、聞く人岸田が、聞けるかどうかです。

この真っ当な論を聞けないようでは、ブロック河野と同じですので、ここが彼に正念場となります。

 

これが出来ない以上は、今回の衆議院選は勝てても、次の参議院選は大敗することになるでしょう。

そして、恒例の、1年政権となるのでしょうね。

 

 

まあ、こうなると、どっちでも良いかもしれません。

 

悔い改めてくれれば、それでよし。

1年政権で終わり、次に高市総理になれば、なおよし。

 

 

心配なのは、それまで、安全保障が耐えられるかどうかです。

ここは、岸さんに頑張ってもらうしかありませんかね。

 

ああ、日本には、なぜこんなに国士が少ないのだろうか…。

-FINANCE, Stock, THOUGHT
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

お一人様 GoToイートキャンペーンの実施を!【孤独のグルメが飲食店を救う】

    非常事態宣言の対象エリアが拡大された。 都道府県から要請があれば発動するという、主体性のない決定で、なんとも心許ない。   この後も、五月雨式にエリアが拡大されそうで、これで肝心の効果が期待で …

【PCR検査は廃止せよ】 コロナ陽性者になっても、風邪薬飲んで寝るだけ?!

    本日の日本市場は、小幅ながらも全面高の展開。 ただ騰落数で見ますと、下落銘柄の方が多い状況ですので、全体感からしますと強気とは言い難いでしょうか。   しかし、世界市場においても、ほぼほぼ上昇 …

【週間投資成績】 利益確定すると資産が目減りする!

    今週は、めっきり寒くなりましたね。 夏から冬へ一気にモードチェンジしてしまいましたので、体調管理が大変です。   周囲でも、ゴホゴホしている人が散見されますので、気をつけないといけませんね。 …

今週の投資戦略! 【エアトリとグッドパッチに期待】

    今週のマーケットは、調整期間の終了を確かめる週となるだろうか。 米国の長期金利は、再び上昇基調にあるものの、現在の1.6%程度までは、市場は織り込んでいるものと考えられるので、その後の新たな展 …

立ち上がれ愛知県民【今こそ行動を起こす時】

  いよいよ明日から始まる「Go To トラベル キャンペーン」だが、皮肉なことに感染が拡大している状況下での船出となりそうだ。 東京への出入りが除外されたことにより、対象者がぐんと減り、ただでさえ不 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー