FINANCE Stock

【米国市場続落】 長期金利がどこで高止まるかが、最大の懸念材料!

投稿日:

 

 

昨日のNY市場は、ダウ・ナスともに続落の展開。

下落基調は、変わっていない状況です。

 

4月の米雇用統計が、労働市場の需給逼迫と高い賃金上昇を示したものの、逆にインフレの高止まりが意識された格好となり、金融引き締めが強まるとの警戒感が勝ってしまいました。

 

また、長期金利の上昇も重荷となりました。

米10年国債の金利は、3.1%を突破したのも響いています。

 

ここ10年を見てみましても、最高値は、2018年の3.261%ですが、ここは容易に超えていくでしょうね。

そうすると、どこまで上昇し続けるのか、という点が、最大の関心事となってきます。

 

この不安というか、懸念が、燻り続けのが、相場にとってはよろしくないわけです。

いつまでも、織り込めない状態が続いてしまいますので、どこまで行こうが構いませんので(いや、あまり弾けてしまってもいけませんが)、早く確定させたいところです。

 

 

それにしても、ナスダックは、かなり調整してきています。

昨年11月の高値からは、3割弱も下げていますので、どこかで反発があってもおかしくない状況ではあります。

 

また、多くの銘柄が、半値以上下げていますので、全体的に見ると、指数以上に下げている印象です。

これは、下落基調ながらも、割と堅調な銘柄もあるということです。

 

その代表銘柄は、テスラとアップルでしょう。

どちらも、下げてはいるものの、ダメージはそれほど大きくはありません。

 

この2銘柄が頑張っているので、ナスダック指数も、大暴落は免れているのでしょうね。

 

 

ここから考えてみますと、2通りのシナリオが、出来上がります。

 

一つ目は、ナスダック銘柄は、指数以上に下げているので、どこかで反発があるというもの。

二つ目は、指数を支えているテスラとアップルが崩れると、さらなる大暴落に繋がるというものです。

 

 

さて、ここから先、どのような展開が待っているでしょうか。

第3のシナリオも、あるのかもしれません。

 

それにしても、ネットフリックスが下がり過ぎていますので、気になっています。

株価は、高値の1/4、PERは17倍です。

 

成長が鈍化しているとはいえど、確固たる地位を確立していますので、ここから業績がさらに悪化していくことは、考えにくいと思われます。

いかんせん、円安なのが玉に瑕です。

 

どうしたもんですかね。

 

 


トレード日記ランキング

-FINANCE, Stock
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【努力義務って何?】 ワクチン接種の「努力義務」は義務にあらず、あくまで任意なのでご心配なく!

    今日は、台風の影響か、比較的涼しげに感じます。 明日以降も、どうやら天気が良くないようですので、猛暑も一服といったところでしょうか。   雨が降ると、甲子園が中止になってしまいますので、暑さと …

会社四季報でお宝発掘!

  投資家にとって、4半期に1度の忙しい時期になっている。 そう、会社四季報が昨日発売されたのだ。   以前は、あの分厚い本を購入していたが、最近はもっぱらKindle版を購入するようになった。 本を …

PR TIMES・グッドパッチ・ロコンドと決算3連勝!

    本日の日経平均株価は、一時は29,000円に届きそうな500円を超える上昇を見せた。 終値は、+240円と上昇幅を縮小したが、これで5日続伸となり絶好調だ。   今日の上昇は、新興株の資金が流 …

【今後の相場感】 衆議院選挙中に第二の上昇相場がやってくる?!

    本日の日本市場は、意外と上がりましたね。 小幅安で始まりましたので、先週末のNY市場の影響を受けるのかなと見ていたのですが、終わってみれば、日経平均株価が450円高と大きく上昇しました。   …

【HISショック】 政局相場でマーケットは好調持続するも、エアトリは3日続落

    本日のマーケットは、引けにかけて見事に盛り返し、日経平均株価は続伸となりました。 NY市場が軟調な展開の中、先物はそれにつられて下落していたのですが、よく頑張ってくれました。   いやあ、予想 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー