FINANCE HORSE Stock

【週間投資成績】 選挙の投票率次第で、明日以降の相場動向が決まる?!

投稿日:

 

 

今日は、選挙投票日。

あいにくの雨模様となってしまいましたが、皆さん、投票には行きましょうね。

 

 

投資家にとっても、今日は運命の日となりそうです。

 

自民党が過半数割れの大敗となれば、明日の市場は暴落。

過半数をキープしても、ギリギリでは下落。

 

まあまあ勝てれば、横ばい。

サプライズ的な勝利となれば、上昇といったところでしょうか。

 

 

こう考えると、明日の相場は厳しい展開になりそうですが、どうなるかは投票率も大きく影響しそうです。

投票率が下がってしまうと、雲行きがかなり怪しくなりそうですので。

 

 

 

さて、10月最終週の投資成績は、マイナス10万円と、ほぼ横ばいに終わりました。

印象的には、かなりやられた感がありましたので、この結果は意外でした。

 

戦略的には、相当数の持ち高を処分して、暴落に備えて現金比率を高めておきたかったのですが、それを叶えることは出来ませんでした。

現金比率を80%くらいにしておきたかったのですが、結果として、現在のポートフォリオは、約50%となっています。

 

 

なかなか戦略通りには行きませんが、50%あれば、戦えないことはありませんので、明日以降の展開に備えていきたいと思います。

 

 

 

さて、本日は、選挙投票日でもありますが、競馬界では、ビッグイベントの天皇賞(秋)があります。

今のところ、良馬場のようですから、力勝負が見られそうです。

 

3強並び立たずとはよく言われますが、今回も、死角はありそうな感じがしています。

 

 

コントレイルは、無敗の3冠馬ですが、長期休み明けがどうかということと、4歳勢のレベルが低い問題があります。

 

グランアレグリアは、切れ味はNo.1ですが、やはり2,000mはベストディスタンスではないという問題があります。

 

エフフォーリアは、勢いのある3歳勢ですが、この3歳というのがどうかで、過去には、バブルガムフェローとシンボリクリスエスの2頭しか勝利がありません。

 

 

いやあ、悩ましいですね。

 

一方、この3強以外に勝てる馬がいるかとなりますと、連対まではあっても、勝ち切れる馬は見当たりません。

 

 

こうなると、やはり、この3頭の中から優勝馬は出るということになります。

 

難しいところではありますが、私としては、勢いのある3歳馬でいきたいと思います。

武ジョッキーが2週連続Vというのもあるのか疑問もありますが、勢いに乗っている若武者なら、それも問題ないでしょう。

 

 

さて、どうなるでしょうか!

-FINANCE, HORSE, Stock
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

押し目を拾うのが株の鉄則!

  日経平均が膠着化してきた。 続伸したものの、値上がり幅は、昨日に続き一桁高。   10月30日につけた2万2,948円以降、ほぼ一直線に上げてきたが、チャートを見る限り、頂上に差し掛かったように見 …

今週の投資戦略! 【エアトリとグッドパッチに期待】

    今週のマーケットは、調整期間の終了を確かめる週となるだろうか。 米国の長期金利は、再び上昇基調にあるものの、現在の1.6%程度までは、市場は織り込んでいるものと考えられるので、その後の新たな展 …

【御伽の国の日本】 コロナ対策も安全保障も、まるでダメ男!

    昨日の米国市場は、続落。 雇用統計で雇用者数の伸びが市場予想を大幅に上回ったものの、プーチンが原発攻撃したことが重荷となった格好です。   外部要因で下落したものの、オミクロン型の感染収束で消 …

ストップロスの徹底をしよう! 【調整相場では資金を守る行動を】

    本日の日本市場も大きく下げてしまった。 ここ最近は、ボラティリティが大きくなっており、これは調整相場入りの前兆ではないかと言われているが、まさにその可能性が高いのではないかと思う。   もとも …

「交換できるくん」が8連騰で高値更新!

    本日のマーケットは、暴落となってしまいました。 日経平均株価は、584円安と大安売りの展開に。   新型コロナウイルスの感染が、大阪を中心に拡大しており、再び非常事態宣言が発令されるとの見通し …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー