FINANCE Stock 未分類

【週間投資成績】 いつになったら「FIRE」できるのだろうか?

投稿日:

 

 

今週のマーケットは、激動の展開でしたね。

 

週前半は、岸田ショックにより、先週に引き続き大きく崩れてしまい、どこまで下がるのか恐怖に慄く展開。

後半は、戻りは弱いものの、何んとか反転してくれましたので、若干安堵の様相です。

 

 

ポートフォリオについては、先週、日経平均の下落とは真逆の大幅プラスになったことの反動もあり、今週は100万円弱のマイナスとなってしまいました。

一時は、200万円マイナスまで落ち込みましたので、こちらもやや安堵しているところです。

 

 

 

それにしても、このボラティリティの高さには、痺れますね。

毎週、200万円前後も動いていますので、3,000万円程度で運用している投資家としては、穏やかでないところもあります。

 

それでも、もう長年運用し、リーマンショックも、震災後の暴落、そしてここ最近では、コロナによる大暴落も経験している身としましては、慣れてしまっているところに怖さもあります。

 

 

投資歴も20年程度となり、資産はジワジワと増やしてきていますが、まだ、FIREには程遠い状況です。

 

そこで、今年は、年間2,400万円の利益を上げるという大変高い目標を掲げました。

年齢も48歳となり、もう早期にFIREするには、あまり時間もありませんので、ここらで真剣勝負する必要を感じています。

 

 

結果はどうかと言いますと、9ヶ月が経過した現在、600万円の利益(含み益込み)となっており、進捗としては大幅未達となっています。

大きく増やす場面もあるのですが、同時に、大きく減らしてしまうことも多々あり、なかなか大きなゲインに繋がっていません。

 

 

やはり、課題としては、深追いし過ぎるところですね。

勝ちに驕り、深追いした結果、反撃に合い兵力を減らすという、戦術のヘボさが際立ってしまっています。

 

 

あとは、高い目標を掲げながら、思い切った勝負が出来ていないということもあります。

勝負どころでの、集中投資ができないと、大きなゲインが出来ないですよね。

 

直近では、エアトリでの勝負で勝てましたが、これも、中勝利くらいで、大勝利までには至っていません。

 

もちろん、大勝負をして、負けてしまうと致命傷にもなりますので、リスクを孕んでいますが、ここにトライできないようでは、高い目標を掲げてはいけません。

 

投資戦略を含め、再考が必要のようです。

-FINANCE, Stock, 未分類
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【新規仕込み】 「アニコムHD」と「IーPEX」を打診買い!

    本日の日本市場は、マザーズが大きく崩れてしまいました。 前日比でマイナス2.65%、日経平均で換算すると800円の下げですので、かなりヤバい下げです。   緊急事態宣言が解除され、アフターコロ …

【日本市場全面安の中】 旅行関連銘柄が気を吐き、エアトリは3,000円奪還!

    本日の日本市場は、大荒れの展開。 世界市場も全滅で、米国CPIショックが世界的に伝染してしまいました。   日本市場は、上場全銘柄で、上昇したのがわずか744銘柄、値下がりが3,176銘柄と、 …

【あまりにショボい給付金】 大規模経済対策には全く期待できません!

    本日の日本市場も、冴えない動きとなってしまいました。 日経平均はこれで3日続落、政策期待相場は、どこへいってしまったのでしょうか。   完全にシナリオは崩れてしまっているわけですが、原因として …

【日本株全面高】 月末アノマニー脱却で、相場転換となるか?

  本日のマーケットは、ようやく月末アノマリーの呪縛から解放される全面高の展開となりました。 月末最終日は、11ヶ月連続で下落するという悪夢の展開が続いており、今日も下げるとなると遂に1年という大台に …

【グロース株復権なるか】 下げ過ぎ感の強い「メルカリ」は、いつ反発するのだろうか?

    本日の日本市場は、高安まちまちの展開。 日経平均はフラフラしながら下落、マザーズは小幅に上昇しました。   まだまだ、方向感が掴めない状態が続いています。   それでも、マザーズが上昇してくれ …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー