FINANCE Stock THOUGHT

【脱炭素政策の撤廃】 待望、共和党政権の誕生!

投稿日:

 

 

本日の日本市場は、久々の反発。

世界市場においては、欧州を含め下落しているところが多いようです。

 

日本市場は、上昇したとはいえ、テクニカル的な反発に過ぎないのでしょう。

米国の金融政策が引き締め方向である以上は、アゲインストな相場環境が続いてしまいます。

 

また、今週末に、米国の雇用統計が発表されますので、神経質な展開が続きそうです。

本格的な反騰相場には、まだまだ時間を要しそうです。

 

 

さらに言うと、米国での中間選挙の影響も大きなものがあります。

現在の物価高騰は、行き過ぎた脱炭素政策も起因していますので、このまま民主党政権が続くとこの流れが継続してしまいます。

 

逆に共和党が政権を奪取すれば、この脱炭素茶番劇も終了し、正常な経済活動に軌道修正されることになります。

個人的にも、トランプによって、この負の連鎖を断ち切ってもらい、世界を正常な状態に戻してもらいたいと思っています。

 

 

日本においては、いつも付和雷同的な動きしかできませんので、欧米が脱炭素と言えば、盲目的にそれに突き進んでしまいます。

これも、共和党政権による外圧で、方向転換させてもらいたいと思います。

 

こう考えると、まだかなり時間がかかりそうですよね。

でも、いかに時間がかかろうと、この流れは断ち切らなければなりません。

 

それが、世界のため、日本のためですから。

以上、久々の投稿でした。

-FINANCE, Stock, THOUGHT
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ソフトバンクGのハイブリッド債なんて誰が買うの?

    本日のマーケットは、日経平均、マザーズともに、堅調な動きとなりました。 昨日のNY市場が、小幅ながらもダウ・ナス・S&Pの3指数とも上昇したことから、安全圏での推移となったようです。 …

専業投資家への道! 【今週の投資成績はマイナス92万円と撃沈⤵️】

    最近、健康志向ということで、お昼はスムージーを飲んでいる。 もともと、お腹の調子が悪かったので、何を食べようか悩んでいた時に、流動食ということや、手っ取り早いということもあり、今週初めから試し …

【ウクライナ情勢の影響大】 株価の行方はプーチン次第!

    本日の日本市場は、壊滅的な打撃を受けることが懸念されていましたが、小幅安まで盛り返しました。 原因は、もちろんウクライナ情勢で、過度な警戒感が薄れたとのことでした。   警戒感が、強まったり弱 …

「buy the dip(押し目買い)」が合言葉!

    本日の日経平均株価は、昨日の暴落と全くの行ってこいとなり、昨日の下げは何だったのだろうという展開となった。 これも、ダウとナスダックが持ち直してくれたおかげなので、まさに紙一重の展開といえよう …

本日の収支はマイナス150万円【マザーズ市場撃沈】

  本日は、直撃弾を喰らってしまった。 トータルで、マイナス150万円(泣)。   一撃で瀕死状態になってしまったのだが、それもこれもマザーズが大暴落してしまったせいだ。 マザーズ指数は、なんと△4. …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー