FINANCE Stock

日本は民度の高い国【民度は株価にも影響する草】

投稿日:

 

 

今日の日本株は、本当によく耐えた。

ダウがあれだけ暴落したので、流石に、今日は大幅な下げを覚悟していた。

日経平均株価は、一時700円弱下げ、昨日の下げと合わせると1,300円の下落となったのだが、終わってみれば167円安、率にすると0.75%、全然軽傷で済んだ。

 

押し目を狙っていた人は、どう動いただろうか。

あまりの急回復に、動けなかった人も多かったと思う。

 

日銀バズーカが炸裂したのおかげかもしれないが、昨日も書いたように、やはり、今の相場は勢いがあると思わざるを得ない。

株価はまだ上昇するのか【一時の下落を気にしてはいけない】

エネルギーがまだ有り余っているのだ。

まだ、しばらくは、バブルが続くのではないかと思っている。

 

ダウは厳しい展開か

 

昨日暴落したダウは、しばらく、しんどいかもしれない。

アメリカは、コロナウイルス感染者が、200万人超と世界で断トツ多い。

そして、今でも、一日、2万人前後が現在進行形で感染している。

ピーク時からは、ジワジワと減少傾向にはあるものの、経済再開を優先しているため、封じ込めには程遠い状況だ。

 

そこへきての、デモ騒ぎだ。

もはや、密だどうのといっているレベルではない。

また、感染爆発が起こり、逆戻りする可能性が高いというのは、誰が見ても明らかだ。

 

そして、このデモは、欧米諸国に広がっている。

そうなると、アメリカだけでなく、また世界中で、感染が拡大することになり、それに伴い経済回復の期待が消滅すると、市場はまた暴落するかもしれない。

これが、今、一番注視しなければならないリスクでだ。

 

日本は民度が高い?

 

麻生さんの民度発言が物議を醸したが、日本は、デモは起こっていないし、今後も恐らく起こらないであろう。

そして、幸いにして、日本は、コロナを抑え込んでいる。

そうなると、日本市場は、他国に比べてリスクが低く見られることになり、買われやすくなる。

しばらくは、このような展開が予想される。

 

しかし、欧米の感染状況があまりひどくなりすぎると、流石に日本も影響を被ることになる。

ここの見極めが難しいが、今現在は、まだ大丈夫なのではないかと考えている。

 

アフターコロナで伸びる銘柄

 

そんな中、投資する銘柄は、選別していきたい。

ポイントは、やはりアフターコロナで伸びそうな会社、ということになるであろう。

経済環境は、人々の行動変容とともに、ガラッと変わると思うので、主役となる銘柄も一変すると予想される。

 

 

例えば、Edulab(エデュラボ)。

ここは、次世代教育向けにeラーニングやテストの運営をしているのだが、オンライン教育というキーワードがバッチリはまる。

株価も、4月6日に2,531円の安値をつけた後、本日は6,040円と2倍以上上昇している。

 

いやいや、そこまで上がったら、もう上がらないんじゃないと思われるかもしれない。

確かに、一旦調整することも考えられなくもないが、むしろこれからが本格的な上昇局面に入ると思っている。

昨年6月に付けた高値7,490円を、捉えることが出来れば、一気に突き抜けるのではないか。

 

このような、勢いのある銘柄を見分ける方法がある。

それは、相場が暴落した時にどう動くかだ。

 

全体相場が暴落すれば、ほとんどの銘柄は、つられて同じように暴落する。

しかし、勢いのある銘柄は、簡単に崩れない。

下げ渋ったり、逆行高を演じることもある。

なので、暴落時は、これからの主役銘柄を見極めるチャンスなので、しっかりと分析していきたい。

 

ちなみに、このEdulabも、今日のような日でも、上昇している。

しかも、6.15%高という強さを見せている。

引き続き、期待して見ていきたい。

-FINANCE, Stock
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【世の中の茶番劇】 脱炭素やSDGsなどの利権闘争に惑わされるな!

    ここのところ、マーケット同様、天気も寒い日が続いています。 外出する機会が少ないので、室内に籠城してばかりですが、身も心も縮こまってしまいます。   今年の冬は、例年より寒い日が多いように感じ …

エアトリが急落し、ポートフォリオは50万円のマイナス

    本日は、予想に反し、マーケットは続落となってしまいました。 昨日のNY市場では、ダウは下落したものの、ナスダックが上昇しましたので、今日は反発してくれるものだと思っていたのですが、日経平均は小 …

セレスの上昇が止まらない! 【売った後の急上昇は止めて欲しい…】

    東日本大震災から、早や10年。 あっという間の、10年だった。   当時、私は、住宅会社の社長をしており、あの日は、ちょうど住宅展示場にある自社のモデルハウスの中にいた。 幸い、最新の耐震工法 …

アフターコロナの本命銘柄は何か?

        マーケットは、ウイズコロナからアフターコロナ銘柄に、シフトしてきているようだ。 ワクチン接種が具体化してきているのが、この傾向に拍車をかけている。   思えば、ワクチン開発が取り沙汰さ …

【株価続伸】 ここからの相場動向は政局次第?

    本日のマーケットは、日経平均・マザーズともに続伸しました。 この続伸というワードも、久々に聞く響きとなってしまっていますが、やはり心地よいものですね。   特に、本日は旅行銘柄の上昇が目立った …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー