FINANCE Stock

会社四季報でアフターコロナを考える

投稿日:

 

この週末は、投資家にとって、大忙しだ。

なぜなら、本日は、会社四季報の発売日だからである。

 

四季報は、3か月に1回発売され、今回は夏号になるのだが、なにより新型コロナ後の展望がどうなっているのかが、気になるところ。

業績予想などは、東洋経済の独断と偏見があるので、あまり当てにできない面もあるのは否めないが、凡その方向性はつかめると思っている。

 

アフターコロナの有望銘柄

 

コロナ禍において、何を考え、何を実行に移すのか。

 

基本的に、オールドカンパニーは、あまり変化は期待できないであろう。

変化できない上に、事業構造が旧態依然とした陳腐化したものであれば、もう救いがないであろう。

 

そもそも事業の寿命は短く、時代の変化に対応して、事業も変化いていかなければならないのだが、年々その変化のスピードが速くなっているので、対応できない企業が多くなっている。

そこで、このコロナ騒動なので、この変化がより一気に加速化してしまった。

 

企業によっては、業績の落ち込みは、一時的なものだと楽観視しているところもあると思うが、それは大間違いだ。

落ちたまま、もう浮上することはないかもしれない。

一年後に、どれだけの企業が退場しているかと思うと、ゾッとする。

 

変われる企業の要素とは

 

では、企業は、まず何をすれば良いのかというと、それは働き方改革だろう。

企業といっても、企業自体が個であるわけではなく、そこで働く人の集合体が企業である。

 

となると、働く人が変わらなければ、企業は変わらないのであり、働く人が変わるには、働く環境を変えるしかない。

昨日のブログで取り上げた、カルビーは、そのお手本となるだろう。

 

昨日のブログはこちら↓

カルビーの大英断【単身赴任は人権侵害】

 

働き手の思いや考えに、よく耳を傾け、働きやすい環境を整えることが、まず第一歩となる。

その上で、経営陣が会社の方針や進むべき方向性を示し、会社と社員とが一丸となって変革に取り組むことが必要だ。

 

一丸となるのは、言葉でいう程、簡単ではない。

いくら社長が、「一丸となって頑張ろう」と言っても、社員にその気がなければ、何も変わらない。

勝手に言ってろと、他人事だ。

社員のことを考えず、自分事に過ぎないから、そんなことになる。

 

また、「経営者目線で考えろ」という脅し文句も禁句であろう。

そもそも、社員と経営者は、役割が違うのだから、経営者目線なんて無理な要求なのだ。

これも、自分目線だけの、自分勝手な考えでしかない。

 

テレワーク=サボるの思考

 

古い体質の企業は、性悪説にたっているところが多い。

テレワークにしても、サボっているとしか思っていない。

 

社員を信じようとしない会社は、もうその時点で終わっている。

社員を信じないで、よく事業が出来るものだ。

 

また、テレワークに否定的な人は、そもそもアウトプットが少ない人だろう。

このテレワークで、実は、普段、何も生み出していないと気づいてしまった人も多いと思う。

 

そうした人にとって、テレワークが続くのは、即、存亡の危機となる。

今、会社に行きたがっている人は、ほとんどがこの部類の人ではないだろうか。

アウトプットができる優秀な人は、ずっとテレワークで良いと思っているだろう。

 

こうなると、会社が働き方の制度を変えていかないと、優秀な人ほど辞めていくことになる。

先見性のある企業は、多様な働き方を許容しているので、躊躇なく転職していく。

 

この現実に、気づいているだろうか。

変化できない企業は、役に立たない古い体質の人だけが残ることになり、いずれ死に体になる。

もう待ったなしだ。

選択の余地はない。

 

 

-FINANCE, Stock
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ドル円136円に】 円安進行の真因は、日米金利差にあらず!

    本日の日本市場は、全面高の展開。 昨日の弱気相場から一転し、強い値動きを見せてくれました。   まあ、当然といえば当然の結果です。 昨日の下げが不可解でしたので、本来は、昨日の時点でこれくらい …

旅行関連銘柄はアゲアゲ相場に突入か!?

  昨日の予想通り、本日の旅行関連銘柄は、堅調な推移となった。 KNTCT(近ツー)、HIS、アドベンチャー、旅工房、そしてエアトリと大幅高となった。   保有銘柄であるエアトリは、寄付きで300株購 …

携帯料金値下げで通信業界は大パニック?!

    スマホの値下げが、やっと実現していきそうだ。 今までは、新たなプランや格安ブランドでの料金設定などで矛先がかわされ、既存契約者にとって全くメリットがない議論がなされていたのだが、くしくも業界最 …

【脱炭素政策の撤廃】 待望、共和党政権の誕生!

    本日の日本市場は、久々の反発。 世界市場においては、欧州を含め下落しているところが多いようです。   日本市場は、上昇したとはいえ、テクニカル的な反発に過ぎないのでしょう。 米国の金融政策が引 …

オリンピック開催より優先すべきは少子化対策だ! 【児童手当を廃止している場合ではない】

    オリンピックを巡る森会長の発言が、波紋を呼んでいる。   まずは、「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」という失言。 この人は、以前から暴言癖があり、何かと問題のある御仁だ。   中 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー