FINANCE Stock

自動車株が総崩れで総悲観だが、マザーズ上昇が一縷の望み!

投稿日:

 

 

本日も、追証祭りが継続したのでしょうか。

これでもか、という売りが継続し、阿鼻叫喚の様相を示しています。

 

日経平均は、終値では27,000円をキープしましたが、間際までは27,000円を割り込み、まさに底無し沼状態に陥っています。

 

主な要因としては、トヨタ自動車の大幅減産が引き続き足を引っ張る展開となっており、トヨタ単体でも、本日は4%安で9,000円を割り込んでしまいました。

他にも、デンソー、ホンダ、スズキなどの自動車関連株が、マイナス寄与度上位に並んでいます。

 

 

ちなみに、日経平均のマイナス寄与度トップは、ソフトバンクの49.7円。

中国リスクが嫌気される展開が続いていますが、株価は6,000円近辺まで下げており、PBRが1倍割れとなりました。

 

 

あと、ファーストリテイリングも、軟調な展開が継続しています。

3月の高値から、ほぼ一本調子で下落し、3割超も下げています。

 

こちらも、中国リスクが払拭されない状態が続いていますので、ウイグル問題を解決しない限り、浮上は難しいのではないかと思っています。

 

さらに、相場を牽引していた海運株も、利益確定売りに押され、商船三井なども8%安と大きく値崩れしてしまいました。

 

 

このように、いろいろと負の要素が点在し、値下げ圧力となっているようです。

背景からすると、簡単には良化しない問題ばかりですので、困りものですね。

 

 

今のところ、耐え忍ぶしか策がない状態ですが、唯一の希望は、マザーズが上昇したことです。

1,000ポイントの攻防をなんとか凌ぎ、本日は、この環境下プラスで引けてくれました。

 

6月末から、2割も下落していますので、既に深傷を負っている状態ではありますが、1,000ポイント割れともなれば、致命傷になりかねませんので、切り返してくれたことは一縷の望みになります。

 

 

それでも、来週、一気に崩れる展開もあり得ますので、油断は出来ませんが、マイナス材料ばかりでは気が滅入り、病気にもなりかねませんので、気分を切り替えていく必要があります。

決して、思い詰めてはいけませんよ。

 

いついかなる時も、必ず希望はあります。

退場しなければ、再び必ずチャンスは巡ってきます。

 

 

今は雌伏の時なのでしょう。

気をしっかり持ち、英気を養っておきましょう!

 

 

 

-FINANCE, Stock
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

オリンピック開催で、暮らしも相場も盛り上げていこう!

    本日のマーケットは、日経平均もマザーズも、ほとんど動きがありませんでした。 まさに、「凪」相場でしたね。   週末ということで、動きが取りにくいということもあったと思いますが、それにしても、あ …

人生100年時代に勝ち組になる方法【個人で会社を買う時代】

  人生100年時代が到来している。 長く生きられるようになったものだと、感慨深い一方で、老後がえらい長くなったものだと、不安を感じる人も少なくないと思う。   60歳で定年して、まだ40年もある。 …

プラチナ系カードは解約すべきか?

  待ちに待った、MacBook Airが届いた。 これでいよいよ、Macデビューとなる。   今使っているパソコンは、割と新しいのだが、とにかく遅い。 起動時間も遅いし、途中で固まることも度々だ。 …

今週の投資戦略! 【エアトリとグッドパッチに期待】

    今週のマーケットは、調整期間の終了を確かめる週となるだろうか。 米国の長期金利は、再び上昇基調にあるものの、現在の1.6%程度までは、市場は織り込んでいるものと考えられるので、その後の新たな展 …

会社四季報でアフターコロナを考える

  この週末は、投資家にとって、大忙しだ。 なぜなら、本日は、会社四季報の発売日だからである。   四季報は、3か月に1回発売され、今回は夏号になるのだが、なにより新型コロナ後の展望がどうなっているの …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー