FINANCE Stock THOUGHT

【世界恐慌の始まり?】 今までの常識は通用しない安全保障と株式市場!

投稿日:

 

 

昨日の米国市場は、ダウ、ナスダックともに下落してしまいました。

欧州市場が上昇しましたので、さすがに上がるだろうと予測していたのですが、ズルズルと後退していきました。

 

これで、週明けの日経平均は、25,000円割れの展開となってしまうでしょう。

上下動の激しい相場が続いていますが、来週は、24,000円が意識されるところまで逝ってしまうかもしれません。

 

また、マザーズも、一段安となるかもしれません。

こちらは、600ポイント割れも覚悟が必要になってきます。

 

 

精神的に、しんどい相場が続きます。

時々は、爆上げして、一息つける時もありますが、大方は、下落傾向にありますので、ジワジワと追い詰められている感があります。

 

個別株は、材料次第で上昇することもありますが、大概は、市場環境の影響を受けますので、多くの投資家は損失を拡大させていると思われます。

 

短期的には、この環境下ですので、耐えるしかないと思いますが、中期的にはどうかということがポイントになってきます。

 

そして、この見方が、ホント難しいのです。

 

 

今までの常識で考えれば、緊迫化するウクライナ情勢も、いずれは落ち着くとなるのですが、今では、この常識が通用しなくなっています。

プーチンは、もう、何をやらかすか分からなくなっています。

 

現状、ロシアは、予定よりも不利に陥っていると思われますので、この状況が続くと、破れかぶれの行動を起こす可能性も十分あります。

最悪の事態は、核戦争に発展してしまうことですが、この可能性も否定できないのが怖いところです。

 

こうなってしまうと、世界は破滅へと向かってしまいます。

もう株どころではない世界になってしまいます。

 

 

日本は、ロシアの隣国であることを、忘れてはいけません。

そして、このロシアと、中国、北朝鮮の3国もの核保有国に囲まれていることを、再認識することが必要です。

 

対岸の火事ではありません。

 

我が日本国も、自らの力で国を守れるようにしていかなければいけません。

いざとなったら、誰も助けてはくれないでしょう。

 

もう、待ったなしの状況に追い込まれています。

 

 


トレード日記ランキング

-FINANCE, Stock, THOUGHT
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【原油急騰で市場狼狽】 エネルギー価格を抑えるには、脱炭素を止めれば良し!

    本日の日本市場は、大暴落。 原油価格の上昇が止まらず、資源高により景気悪化懸念が売りを呼んだ格好です。   確かに、原油先物は棒上げが続いていますので、このまま行くと、さまざまな産業に波及し、 …

【努力義務って何?】 ワクチン接種の「努力義務」は義務にあらず、あくまで任意なのでご心配なく!

    今日は、台風の影響か、比較的涼しげに感じます。 明日以降も、どうやら天気が良くないようですので、猛暑も一服といったところでしょうか。   雨が降ると、甲子園が中止になってしまいますので、暑さと …

【相場の格言】 高値覚えは銭を失う!

    本日のマーケットも好調で何よりでした。 今週初めは、マザーズが大暴落して、これはもうアカンと半ば諦めの境地となったのですが、やはり、あそこがセリングクライマックスだったようで、何とか切り返して …

【日本市場4連騰】 VIX指数も低下傾向で、いつしかセリングクライマックスも終了か!

    今日の日本市場は、全面高の展開。 全体の8割超が上昇しましたので、正真正銘の全面高でした。   これで、日経平均もマザーズも、4連騰となりましたので、本格反騰と見て良いのでしょうか。 NY市場 …

【相場急落】再びチキンレースが始まった!

    やはり、今日は大きく下げましたね。 コロナ陽性者が増えたことに加え、ナスダックが割と大き目に下げたことから、日経平均は400円弱の下げ、マザーズにいたっては4%下げの暴落となってしまいました。 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー