HORSE

グランアレグリアはここを勝って最優秀短距離へ!【マイルチャンピオンシップ予想】

投稿日:

 

 

本日は、G1.マイルチャンピオンシップ。

馬券はなかなか調子悪いのだが、性懲りもなく、予想してみたい。

 

マイルチャンピオンシップといえば、初めて京都競馬場で観戦したのが、1993年。

黒の勝負服が印象的なシンコウラブリーが、1番人気にこたえて勝利した。

 

当時を思い出して象徴的なのは、午後になって雨が降り出してきたら、周囲がザワザワし出し、ザオウ、ザオウと言い出したのだ。

ザオウとは、イイデザオウで、前走、重馬場のアイルランドトロフィーを勝っており、道悪巧者と見られていた。

 

結果は、最後、シンコウラブリーに捕らえられたが、見事2着に逃げ残ったのだ。

私は、フジヤマケンザンが本線だったのだが、周りがザワついたおかげで、イイデザオウを押さえることができ、的中となった。

 

 

また、翌年のマイチャンも忘れられない思い出だ。

前年のエリザベス女王杯2着以降、覚醒したノースフライトが断然人気だったが、名スプリンターのサクラバクシンオーと一騎打ちになった。

 

バクシンオーは、1400mまでは絶対王者だったのだが、マイルは勝てておらず、1600は長いとずっと言われていた。

私は、バクシンオーを応援しており、ノースフライトとバクシンオーの馬連一点買いと、バクシンオーの単勝馬券を握りしめ、最後の直線コースで「ふとし~」と叫んでいた。

※「ふとし」は小島太ジョーキー

 

残念ながら、最後に差されてしまい2着に終わったが、熱いレースを楽しませてもらった。

やっぱり、競馬は生観戦が一番だと思う。

 

 

今年のマイルチャンピオンシップは?

 

さて、前段が長くなってしまったが、今年のマイチャンはどうだろうか。

いや、もうこれは、グランアレグリアで間違いないだろう。

 

安田記念で、アーモンドアイを寄せ付けず、前走のスプリンターズステークスでは、15番手から直線一気でごぼう抜き。

1200~1600mでは、もうこの馬に敵う相手はいないだろうと思う。

 

しかも、鞍上は絶好調のルメールで、枠順も2枠4番で申し分なく、割引材料もないので、頭は鉄板だろう。

 

対抗は、こちらも断然サリオスと考えていたのだが、大外枠がどうだろうか。

どちらかといえば、前につけたいと思うので、これは不利な材料といえる。

 

また、グランとの叩き合いとなると、分が悪いようにも思える。

マイル適性でいえば、やはりグランが一枚上手ではないだろうか。

 

 

グランアレグリアを負かす可能性があるとすれば、レシステンシアだろうか。

あの先行力は魅力があり、枠も1枠2番と絶好枠を引き当てた。

 

阪神1600は、阪神JFを5馬身差レコードで逃げ切った舞台。

今回は休み明けになるが、追い切りの調子も良さそうだし、馬体重も500kg超とかなり成長しているらしい。

 

馬体重が増えすぎるのも逆に気になるところだが、グランを負かすとしたら逃げ残りしかない。

今回は、北村ジョッキーに戻り、ため逃げをせずに飛ばしていくと思うので、ひょっとしたらの展開があるかもしれない。

 

他に気になる馬は、サウンドキアラあたりだろうか。

前走にスワンSこそ10着と凡走したものの、その他は3勝2着1回と、今年に入り覚醒した感がある。

 

オッズ的にも魅力があるので、押さえておきたいところだ。

 

ということで、馬券としては、グランアレグリアとレシステンシアの馬連を核として、この2頭からの3連複で、サリオスとサウンドキアラを絡ませていきたい。

さあ、どうなるだろうか。

 

 

 

-HORSE
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

京都大賞典&毎日王冠を分析してみた!

  本日は、スーパーG2の「毎日王冠」と「京都大賞典」が開催される。 来週からは、牡馬牝馬ともに、3冠がかかるクラシック最後の戦いがあるので、ここで弾みをつけたいところだ。   このG2を初めて観戦し …

安田記念の攻略法

  明日は、春のG1戦線の最後を飾る安田記念。 今回は、アーモンドアイが史上初のG1・8勝を達成するかが注目を集めているが、G1馬が10頭も参戦するように、超豪華メンバーでのレースとなる。   アーモ …

一年の総決算、有馬記念を徹底予想!

    本日は、一年の総決算、有馬記念。 やはり、このイベントがないと、一年が締まらない。   今年は、競馬界も記録づくめの一年で、無敗の三冠馬が2頭排出されたり、史上初の9冠馬が誕生したりと、このコ …

【もういい加減、脱コロナ】 何もしない岸田政権では、無理な話か!

    本日の日本市場は、一転して全面安の展開。 なかなか、うまいこといかない週となっています。   日経平均は、小幅反落でしたが、マザーズは2%超の下落。 米国の長期金利が、再び上昇し出していること …

菊花賞展望『無冠の3冠馬誕生へ!』

    直前になってしまったが、本日はクラシック最後を飾る菊花賞。 今週も無冠の3冠馬が誕生するか注目が集まっている。   コントレイルは、とても賢く落ち着いた馬なので、菊花賞も全く問題ないだろう。 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー