FINANCE Stock THOUGHT

『チェンジ』ショックよりも恐ろしい中国リスク!

投稿日:

 

本日は、日経平均株価は、300円を超える上昇となったが、マザーズ指数は△1.62%と撃沈してしまった。

何が起こったのか…、ここのところの上昇分の調整ではあるが、チェンジのS安は気になることろだ。

 

出来高を伴った大陰線、不吉な予感しかない。

チェンジ自体がしばらく停滞するのは仕方がないとして、他のデジタル銘柄に波及していくのが怖い。

 

マクアケやBASEなどの直近急騰銘柄も、明日ドスンと落ちる可能性がある。

ニューラルポケット、インターファクトリー、サンアスタリスクなどの直近IPO銘柄は、本日すでのチェンジと運命を共にした感じでドスンと落ちており、更なる下落の可能性も高いだろう。

 

なかでも、このブログでも頻繁に取り上げているサンアスタリスク、結局、ズルズルと下落する展開となってしまっている。

300万程あった含み益も、今ではトントンになってしまっている。

 

結果からすると、途中で見切りをつけて、売らなければならなかったのかもしれないが、売るタイミングというのは本当に難しい。

特に、勝負銘柄であればなおさらだ。

 

銘柄に感情移入してはいけないとは、よく言われるが、確かにそれはそうだと思う。

思い入れが強くなると、冷静に相場を見られなくなってしまうからだ。

 

しかし、人はロボットではない。

感情があるのが人間であり、思い入れという情がないと、株式投資は面白くないと思っている。

 

調子が良くない時にこういうことを言うと、負け犬の遠吠えのように聞こえてしまうが、決してそうではない。

なぜなら、勝負付けはまだ終わっていないから。

 

戦いは、まだまだこれからだ。

 

 

最大の懸念は中国リスク

 

デジタル銘柄は、これからしばらく不安定な展開となる可能性があるが、それよりも、中国リスクの方が大きな問題だ。

今までも散々ここで記しているが、日本企業は、中国に相当依存しているので、今後の国際情勢によっては、大打撃を受けてしまうだろう。

 

そんなこと起こり得るのかと、多くの日本人は考えていると思うが、やはり平和ボケしていると言わざるを得ない。

反日メディアからしか情報を入手できていない人が多いのも、その理由の一つになろう。

 

米国、オーストラリア、インド、そして欧州諸国も、反中国に動いている。

その中で、日本はどう動いていくのか。

 

中国は、今では四面楚歌の状態になっており、日本に救いを求めざるを得ない状態となっている。

そこで、日本が取りえる戦略は3つ。

 

・中立政策(安全保障は米国に依存し、経済面では中国と互恵関係を保つ)

・中国を支持(二階氏など親中派に屈し、習氏を国賓として招待)

・米国を支持(明確に意思表示)

 

日本的に言えば、中立政策を取るのがベターだと考えられるし、恐らく政府もその路線を探っているのではないかと思う。

確かに、これが可能であるならば、何も問題がないようにも見える。

 

しかし、そもそも、これら3つの戦略を日本の意思で選べるような、国際情勢なのだろうか。

世界は日本を中心に回っているわけはないので、こんな虫の良い話は通らないだろう。

 

となると、日本が取れる戦略は、1択となる。

米国を支持する以外、方法はない。

 

こうなると、日本企業への影響は計り知れなくなるわけだが、今、現実的に対中国戦略を見直している企業はどれほどあるだろうか。

圧倒的多数の企業は、思考停止し、現状維持のまま進んでいくという幻想を抱いているのではないだろうか。

 

このような企業は、危機管理がまるでなっておらず、もちろん投資に値しないといえる。

そして、現時点で中国依存の大きい企業も、投資先としては相応しくないといえるだろう。

 

国際情勢は緊迫しており、打てる手は早めに打っておくことをお勧めしたい。

 

 

 

-FINANCE, Stock, THOUGHT
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【エアトリ爆上げ】 早くも買い戻しが入り、ここから上昇モードに突入か!

    本日の日本市場は、まずまず堅調な展開。 日経平均株価は、ほんの僅かに下落しましたが、マザーズ指数は大きく上昇し750ポイントを回復しました。   絶対値としましては、まだまだ低いポジションでは …

大学入学共通テストから『レアジョブ』の躍進をイメージしてみる!

      大学入学共通テストが始まった。 長らく続いたセンター試験が幕を閉じ、新たなテスト方式となったが、コロナ禍で学校の授業のあり方も変化する中、受験生は準備も大変だったと思う。   教育面も含め …

【悲報】上方修正した「エアトリ」は一段高とならず…

    本日の日経平均株価は、朝方は3万円を捉える場面もありましたが、終値は29,900円ちょいとなりました。 先物の勢いからすると、一気に突き抜けるかと期待しましたが、そんなに甘くはないですね。   …

【含み益課税という暴挙】 これはご祝儀相場どころではないぞ!

  明日4日、いよいよ岸田内閣が誕生しますが、マーケットとしては、今のところ歓迎していない様子が伺えます。 先週の日経平均株価は、5日続落となり、1週間で1,500円も下落する大暴落となっています。 …

【旅行関連銘柄復権か】 オープンドアが赤字縮小で、旅行需要回復を確認!

    本日の日本市場は、日経平均株価が続伸し、28,000円超えを達成。 ここのところ、堅調な相場が続いています。   しかしながら、マザーズ指数は反落。 どっちも上がるというのは、なかなか難しいも …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー