HORSE

神戸新聞杯を徹底予想!

投稿日:

 

本日は、菊花賞の前哨戦、神戸新聞杯。

無冠の二冠馬、コントレイルの秋始動戦となる。

 

現在5戦5勝、強力なライバルも見当たらないここは、難なくパスするだろう。

歴史的名馬に名を連ねるためにも、ぜひ完勝してもらいたい。

 

コントレイルは鉄板ではあるが、馬券的には、なかなか難しい。

相手をどう選び、どのような馬券を選択するのか、検討してみたい。

 

1.グランデマーレ

2戦2勝馬、骨折し10か月休養明けのレースとなる。

底を見せていないので、もし逆転があるとしたらこの馬。

レース展開も、コントレイルが負けるとしたら逃げ残りであり、逃げ馬のこの馬は展開的にも魅力がある。

割引材料は、ロードカナロア産駒のため距離が長いことと、やはり休養あけだろうか。

 

3.ビターエンダー

関東馬のこの馬が、セントライト記念ではなく、あえてコントレイルの出走するこのレースを選択してきたことに、不気味さを覚える。

確かに左回りは、ダービー以外は、2.1.1.0であり、得意といえる。

あとは、ダービー10着をどう評価するかだが、スタートで躓いたこともあるが、プリンシパルを叩いたことにより、皐月賞から中2週が続いた疲労感が出たと思う。

乗替は割引だが、吉田隼人は、今年重賞で好騎乗を連発しているので、期待はもてる。

オルフェーヴル産駒でもあり、相手筆頭と評価したい。

 

6.マンオブスピリット

京都新聞杯は、ディープボンドと大接戦を演じたが、ダービーは出遅れもあったが力負け感あり。

この夏の成長力いかんとなるが、気になるのは鞍上デムーロ。

3週連続で追い切りに騎乗するなど、かなり力が入っているので、一発があるかもしれない。

 

7.エンデュミオン

春の成績はパッとしなかったが、夏の新潟で力をつけてきた上り馬。

前走の阿賀野川特別(2200芝)も1番人気に支持され、結果は2着だったが、これは位置取りが後ろすぎたことが敗因で、終いはよく伸びてきている。

クラシック組と比べ、格では見劣りするものの、ここは何が何でも菊花賞への権利を獲りに来るはずなので、押さえておきたい1頭だ。

 

11.ディープボンド

京都新聞杯を快勝し、ダービーも5着と好走しており、実績はメンバー上位。

切れるタイプではないが、タフな馬の印象が強く、ロングスパートも可能。

鞍上の和田ドラゴンも安定感があり、押さえ必要。

 

15.ファルコニア

スプリングステークス4着、京都新聞杯3着と惜敗が続いているが、前走の京都新聞杯は、内に突っ込んだので最後伸びなかった印象があり、外へ出していればディープボンドらともっと僅差となっただろう。

鞍上も川田で申し分ない。※個人的には彼の騎乗スタイルは好きではないが…。

馬体重が増えていれば、成長の証である。

 

17.マイラプソディ

2歳時はクラシック候補と騒がれていたが、残念ながら伸び悩んでいる。

ダービーは、3角から先頭に立つなど、積極的な競馬をしており(典ちゃんらしい)、闘争心に火が付いたかどうか。

ハーツクライ産駒は、ここから成長するタイプが多いので、一変があってもおかしくない。

 

18.ヴェルトライデンゼ

ダービー3着、ホープフルS2着と、実績では断然2番手扱いとなる。

春に応援していた馬なので、ここは頑張ってもらいたい馬だ。

ただ、骨折放牧明けで、休み明け感は否めない。

また、軽かったようだが、熱発明けというのも気になる。

 

 

さて、有力馬を評価したが、難しいのは馬券の買い方だ。

 

コントレイルは鉄板だが、オッズがつかない。

ヒモ馬の頭数も多いので、広く流していては、がみってしまう。

 

いつもなら、3連複2頭軸でいくのだが、そうすると、コントレイルともう一頭が同列になってしまい、これも面白くない。

となると、コントレイル1着固定の3連単フォーメーションしかあるまい。

相手は、ビターエンダーで勝負。

 

1着:2 → 2着:3 → 3着:1,6.7.11.15,17,18

1着:2 → 2着:1,6,7,11,15,17,18 → 3着:3

 

 

来週からは、いよいよ秋のG1が始まる。

ここは幸先よく、予想的中といきたい!

 

 

 

 

 

 

 

 

-HORSE
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

クロノジェネシスは無念の2着! 【ドバイシーマクラシック2021】

  世界的な競馬の祭典、ドバイワールドカップが昨日行われた。 注目の日本馬は、2着4回という、なんとも惜しい結果となった。   中でも、残念だったのは、ドバイシーマクラシックに出走した、クロノジェネシ …

グランアレグリアはここを勝って最優秀短距離へ!【マイルチャンピオンシップ予想】

    本日は、G1.マイルチャンピオンシップ。 馬券はなかなか調子悪いのだが、性懲りもなく、予想してみたい。   マイルチャンピオンシップといえば、初めて京都競馬場で観戦したのが、1993年。 黒の …

ジャパンカップで3強激突!【世紀の大決戦でビッグサプライズが起こるか?!】

  本日は、世紀の大決戦が行われる。 第40回 ジャパンカップで、歴史的名馬3頭が激突する。     アーモンドアイ 言わずと知れた現役最強馬にして、史上初のG1・8勝馬。 東京2400mは、2戦2勝 …

安田記念の攻略法

  明日は、春のG1戦線の最後を飾る安田記念。 今回は、アーモンドアイが史上初のG1・8勝を達成するかが注目を集めているが、G1馬が10頭も参戦するように、超豪華メンバーでのレースとなる。   アーモ …

一年の総決算、有馬記念を徹底予想!

    本日は、一年の総決算、有馬記念。 やはり、このイベントがないと、一年が締まらない。   今年は、競馬界も記録づくめの一年で、無敗の三冠馬が2頭排出されたり、史上初の9冠馬が誕生したりと、このコ …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー