FINANCE Stock

【投資の鉄則】 安い時に買い、高い時に売る、でもこれが難しい!

投稿日:

 

 

ここのところの日本市場の最下落に伴い、割安銘柄が増加しています。

株は、下がって上がっての繰り返しのゲームだとすると、下がったところを買わないと、ゲームに勝てないということになります。

 

基本的には、このように簡単なルールでありますので、この方法を徹底すれば勝てるということになるのですが、皆さんもご存じのように、これが簡単ではありません。

なぜなら、下がった時に買えないし、上がった時に売れないからです。

 

 

下がった時に、なぜ買えないのか。

それは、下がっている時は、悲観的になりますので、まだ下がるのではないかという「恐怖」から、買うことができません。

 

では、なぜ上がった時に売れないのか。

それは、上がっている時は、楽観的になりますので、まだ上がるのではないかという「欲」から、売ることができません。

 

これ全て、人間の感情からくるものです。

この感情に、人間は打ち勝つことが、なかなかできないわけです。

 

 

 

そこで、この弱点を克服するために、機械的に売買するシステムが生まれました。

システムであれば、感情はありませんので、どんな場面でも動じることなく売買することができます。

 

よって、勝利する確率も上がってくるのです。

 

では、皆、そのようにすれば良いと思うのですが、これもなかなか簡単ではありません。

 

もちろん、導入資金の問題もありますが、機械的にしてしまっては、面白くないという、これも感情的な問題があるのです。

自分で考えて、行動してこそ、充実感があるというものです。

 

機械的に行なってしまっては、味気ない。

意志あってこそ、株の醍醐味だというものです。

 

 

これは、否定しきれないものがあります。

株は、儲けるためという大目的があるのですが、一方で、楽しいから続けていられるということもあります。

 

楽しくなければ、自分の意思がなければ、大金を失った時に、耐えられないでしょう。

 

ということで、なかなか複雑なところがありますので、単純には行かないわけです。

 

 

それでも、安くなったら買わないと儲かりませんので、ここは買っていかないといけません。

 

今でいうと、USEN-NEXT、CKD、良品計画、ツガミなどが、安くなっていますので、ここは指値を入れているところです。

さて、今週はどうなるでしょうかね!

 

 


トレード日記ランキング

-FINANCE, Stock
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【マザーズ700P割れ】 「エアトリ」と「エクサウィザーズ」大暴落に、怒りの買い増し!

    本日の日本市場は、ロシア情勢の影響で全面安の展開。 日経平均は大幅安は免れたものの、マザーズが700Pとなり大きな打撃を受けました。   相変わらず、プーチンの一挙手一投足で、相場が撹乱されて …

サンアスタリスク・オプティムなど好決算銘柄が撃沈⤵️

      本日は、北海道を中心に嵐の天気となっているが、私のポートフォリオも、嵐に見舞われた。 日経平均もマザーズも下落したので、やむを得ない相場環境ではあるのだが、好決算銘柄が軒並み売られ、決算前 …

【国民全員コロナ患者】 コロナ茶番を止めるには、全員コロナにしてしまえばOK!

    本日の日本市場は、小幅ながら全面高の展開。 ここのところ好調な相場が続いていますが、値上がり幅は地味なものですので、大きなゲインにはなっていません。   昨日のNY市場の上げからしますと、やは …

no image

PCIホールディングスはこのまま上昇気流に乗れるか?

  本日の日経平均株価は、引けにかけて値を下げたものの、79円高と何とか持ち直した格好となった。 マザーズ指数も、1.7ポイントと小幅ながら上昇し、週初めとしては、まずまずのスタートとなった。   個 …

新規仕込み完了のネクステージが、軟調な展開⤵️

    本日のマーケットは、マザーズ市場はまずまずの上昇を見せましたので、保有株にとっては良い環境とまりました。 が、しかし、昨日3桁万円の下落を喰らってしまっていますので、ちょっとやそっとの上げでは …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー