HORSE

クロノジェネシスは無念の2着! 【ドバイシーマクラシック2021】

投稿日:

 

世界的な競馬の祭典、ドバイワールドカップが昨日行われた。

注目の日本馬は、2着4回という、なんとも惜しい結果となった。

 

中でも、残念だったのは、ドバイシーマクラシックに出走した、クロノジェネシスだ。

4コーナーまで、絶好のポジション、手応えだったので、1着の可能性は十分あったと思う。

 

しかし、4コーナーを回ったところで、予期せぬことが発生。

なんと、同じ日本馬のラヴズオンリーユーに寄られ、ぶつけられてしまったので、そこでリズムが狂ってしまった。

 

 

まあ、競馬だし、ワールドクラスなので、これくらいのことはあるのだろうが、何も日本馬同士でぶつからなくても良さそうなものだ。

皆必死なので、仕方のないことだけれど、なにか後味の悪いものになってしまったと思ってしまう。

 

北村くんも、悔いが残るものになったと思うが、彼はまだ若いので、この経験を糧にして欲しい。

 

おうち生活を彩る海外インテリアショップ【Le roman】

 

 

高松宮記念

 

さて、日本では、今日は高松宮記念が行われる。

あいにくの雨模様となったが、荒れた馬場で、どのような戦いとなるだろうか。

 

今回は、生粋のスプリンターが不在の中、未知数の馬が多いので、予想は難解だが、ここはレシステンシアのスピードが抜きん出ているように思う。

大型馬で馬力もあり、重馬場も、桜花賞の2着があり、苦にしないだろう。

 

1番人気ではあるが、ここは勝ち負け必至だ。

主戦の北村君が、ドバイで苦杯を舐めたので、その分も頑張って欲しい。

 

 

他馬はどうかというと、優秀なタイムを持っている馬が、なかなか見当たらない。

そうなると、格やコース相性、馬場の相性などを考慮する必要があるが、そうなると浮上するのが、ラウダシオンだ。

 

G1馬であり、中京の相性も良く、重馬場も走る。

1200m戦も、前走のシルクロードステークスで経験済みで、前哨戦としては3着と好走もしている。

 

鞍上はなんと言っても、ミルコ・デムーロ

そして、デムーロといえば、2011年のドバイワールドカップだ。

 

この時のドバイワールドカップは、1着:ヴィクトワールピサ、2着:トランセンドと、日本馬がワンツーを決めた記念すべきレースだ。

そして、このヴィクトワールピサの鞍上が、デムーロだ。

 

 

当時は、東日本大震災後のレースで、この日本馬の活躍は、日本の競馬ファンは、みな涙した。

デムーロも「ニッポンは僕にとっても第二の故郷です。そのニッポンが大きな地震とツナミに襲われて沢山の人が被災しました。それだけに何とかしたいという気持ちが強かったです。この勝利をニッポンの皆様に捧げます」と当時語っていた。

 

さらに、2着に敗れたトランセンドに騎乗の藤田伸二兄貴も、「もちろん勝ちたかったけど、日本の馬に負けたのだからヨシとします」と語っていた。

 

この時の光景を思い出すと、今でも胸が熱くなる。

 

やはり、競馬はロマンだ。

競馬っていいもんですね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-HORSE
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

安田記念の攻略法

  明日は、春のG1戦線の最後を飾る安田記念。 今回は、アーモンドアイが史上初のG1・8勝を達成するかが注目を集めているが、G1馬が10頭も参戦するように、超豪華メンバーでのレースとなる。   アーモ …

菊花賞展望『無冠の3冠馬誕生へ!』

    直前になってしまったが、本日はクラシック最後を飾る菊花賞。 今週も無冠の3冠馬が誕生するか注目が集まっている。   コントレイルは、とても賢く落ち着いた馬なので、菊花賞も全く問題ないだろう。 …

宝塚記念を徹底予想【前半戦最後の戦いは牝馬で決まり?】

  いよいよ、前半戦のクライマックス、宝塚記念。 ここ最近は、馬券の調子を落としているので、よい締めくくりをしたいところだ。   今年の宝塚記念は、珍しく、18頭フルゲート。 GⅠ馬も8頭出走するので …

【皐月賞予想】 距離適正、コース適正、枠順からこの馬しかない!

    本日は、久々の競馬予想。 有馬記念のディープボンド以来、馬券はイマイチの状況が続いていますが、そろそろバッチリ仕留めたいところです、   ということで皐月賞。 ここまで、一番人気が飛ぶ荒れるG …

京都大賞典&毎日王冠を分析してみた!

  本日は、スーパーG2の「毎日王冠」と「京都大賞典」が開催される。 来週からは、牡馬牝馬ともに、3冠がかかるクラシック最後の戦いがあるので、ここで弾みをつけたいところだ。   このG2を初めて観戦し …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー