FINANCE LIFE Stock THOUGHT

【オムクロン株発生】 日本のお粗末な水際対策で第6波到来か!

投稿日:

 

 

米国市場も、大きくやられましたね。

世界的に不安心理に高まっている状態ですが、果たして、この状態がどこまで続くのでしょうか。

 

また、日経平均先物を見てみると、1,000円近く下げていますので、月曜日の日本市場も撃沈することでしょう。

日本だけダブルパンチが確定しましたが、なんだか、いつも日本だけ割を食っているような感じがします。

 

変異株が不安というよりも、日本株が不安になりますね。

 

 

さて、この世界的な株安は、果たして何が真の要因なのかということが、気になるところです。

 

南ア発の変異株(オミクロン)なのか、中国問題なのか、はたまた米国のテーパリングなのか。

 

おそらく、複雑に絡み合った問題だとは思いますが、少なくとも、オミクロン株がトリガーになったことは間違いないでしょう。

 

 

よって、まずは、このオミクロン株を解明しないと、落ち着かないということになりますが、これには暫く時間を要すことになるでしょう。

 

となりますと、難しいことではありますが、このオミクロン株の拡散を最大限防ぐことが、喫緊の課題となりますので、これを国際的な枠組みの中で対策しないといけません。

 

 

残念ながら、ベルギーや香港など、一部の都市には広がってしまったようですが、感染源となる南アからの人の流れを止めないといけません。

既に、欧米諸国は、南アからの渡航制限を決めており、直行便停止や入国の原則禁止を行うようです。

 

南アは反発するでしょうが、事態が明確になるまでは、仕方のない措置と言えるでしょう。

 

 

このような状況ですので、日本も当然に渡航制限をしないといけません。

流石に、今までの反省もありますので、同じ愚は犯さないと思っていたのですが、やはりというか、なんというか、いやもう言葉もありません。

 

この期に及んで、入国後に指定施設で10日間の待機を求める、のみですって。

これが、日本の水際対策のようです。

 

終わっていますね。

これでは、どんどん入ってきますよ。

 

しかも、こんな愚策を、「岸田首相の強い意志で決断した」などとアピールしている始末です。

 

どこまで、おめでたいのでしょうか。

 

 

この水際対策のせいで、また感染が拡大しても、人々の予防意識が薄らいでいるとか言って、行動制限をして苦しめるのでしょう。

本当、まともな政治家はいないのでしょうかね。

 

 

これとは関係ありませんが、子供給付のクーポンの印刷費に、1,000億弱も費用をかけるなど、トンチンカンなことしか行えないようでは、もうこの政権もおしまいです。

 

ここは、皆で、声を上げていかないといけませんよ。

あまりに、ひどいです(怒)。

 

 


社会・経済ランキング

-FINANCE, LIFE, Stock, THOUGHT
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

業績好調のネクステージを新規買い!

    本日のマーケットは、方向感の乏しい展開となりました。 ほぼ全ての指数がプラスとなったものの、まだどちらに振れるか分からないように見えます。   保有株の状況は、Kaizenやエーアイが上昇した …

年末年始は株三昧!【本日は損益通算のため調整日】

  本日は、年末年始休みに突入していることもあり、寄り付きから相場と睨めっこをしている。 12月の権利最終日ということもあり、損益通算も考慮に入れる必要がある。   日経平均株価は、11時現在、100 …

【損益通算の売り】 日本市場は再び下落局面に突入か!

    本日の日本市場は、反落の展開。 日経平均株価は、2日で900円強も上げましたので、当然の調整といったところでしょうか。   それでも、やはり、29,000円は意識されていそうです。 これが壁と …

ワクチンパスポート効果で旅行株は一段高へ!

    今週は、好調なマーケットとエアトリの上方修正の恩恵を被り、ポートフォリオが、久々に爆益となりました。 爆益と言いましても、億り人の方々のような規模では到底なく、200万円余りのプラスになった程 …

買えば下がり、売れば上がる!

  本日のマーケットは大暴落。 特に持ち株は、大撃沈してしまった。   昨日、四季報のピックアップ銘柄がほとんど上昇したと、全く持って浮かれていたのだが、そのほとんどが撃沈。 恥ずかしい限りだ。   …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー