FINANCE Stock

株投資は、理屈では推し量れない一面を持っている!

投稿日:

 

トランプ大統領が、筋書き通りに退院し、コロナウイルスに打ち勝った姿を全面的にアピールした。

入院中は、臨床試験中の抗体カクテル療法をはじめ、抗ウイルス薬のレムデジブルやステロイド系抗炎症薬のデキサメタゾンなど、フルコースの薬剤を投与され、電撃復活を成し遂げたのだ。

 

もちろん、ホワイトハウスに戻ってからも、世界最高水準の医療体制が敷かれるのだが、これだけの薬剤、特に未承認のものまで投与されたとなると、副作用も心配されるのだが、どうなのだろうか。

また、裏を返せば、副作用が懸念されるなか、これだけの薬剤が必要とされるほど、身の危険性があったということなのかもしれない。

 

いずれにしても、現時点では、生命の危機を無事乗り切り、大統領再選に向けて復活をアピールできたのだから、禍を転じて福と為すとしたいところだろう。

このままの勢いで、再選されることを期待したい。

 

 

さて、株価に目を転じてみると、トランプ大統領の容体が回復に向かうとの安心感から、連騰している状況だ。

この成行は、当然にして結果論であるわけだが、これは先週末の時点で果たして予想できることだろうか。

 

株の猛者たちの中では、先週末の急落時に、買いを入れていた人がちらほらいた。

先週末の時点では、トランプ大統領がコロナウイルに感染したとの報を受けての急落だったのだが、容体がどうだとの確実な情報はなかった。

 

その状態で買いを入れるということは、大事には至らないだろうとの判断だと思うのだが、これはなかなか出来る決断ではない。

世界最高水準での治療が行われるから、重症化には至らないという見方もあるとは思うが、高齢で肥満体質なことから、むしろ重症化する可能性の方が高いとも考えられる。

いや、それだけでなく、万が一のことも想定されるだろう。

 

こう考えると、万が一の時が発生した場合の下値リスクは、回復した場合の上昇期待値よりもはるかに大きいと思われる。

普通に考えれば、リスクが期待値を上回るようなケースで勝負するのは、無謀だと判断されるのだが、なぜ、猛者たちは買いという選択ができたのだろうか。

 

残念ながら、私自身、まだその境地に達していないので、理由は分からない。

結果を見れば、見事的中しているので、お見事と言わざるを得ないのだが、まだしばらくは真似できそうにない。

 

まあでも、意外と、「直感」なのかもしれない。

酸いも甘いも嚙み分ける嗅覚が、そうさせたのかもしれない。

 

そういう意味では、自分自身、まだまだ経験が足りないのだろう。

早くその次元に到達できるよう、励んでいきたいと思う。

 

 

持ち株の状況

 

昨日からの連騰で、我が持ち株群も相当恩恵を受けている。

当然個別材料もあるのだが、なかでも、エーアイ(4388)が急騰している。

 

音声合成作成サービスの「AITalk CustomVoice」が、喜び・怒り・悲しみの感感情表現に対応したとのことで、音声合成が、人工的でなく感情豊かなものになれば、利用用途も拡大されることだろう。

今日の株価は一服といったところだが、まだまだ上に行くと予想している。

 

新規では、仕込み中のグッドパッチ(7351)が、やっと軌道に乗り出した。

本日、8/25の高値を捉えたので、3,000円突破を目指して上昇してほしい。

あとは、買い増しのタイミングをどう計るかだ。

 

依然低調なのが、期待しているサンアスタリスク(4053)だ。

9/3につけた高値4,765円から、4割強もダラダラと下がり続けている。

 

まだ、取得単価を割り込んではいないものの、材料もなく、上昇のタイミングをなかなか掴めないでいる。

我慢比べの様相となってきているので、今はジッと耐えている。

 

マイナス圏に沈んでいるのは、オプティム(3694)だ。

先進的な取り組みをしているのだが、なかなか利益が追い付いてこないので、これも我慢のしどころといったところだと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-FINANCE, Stock
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【悲報】佐川急便が中国製EV車を大量導入!

    本日のトピックスは、なんといっても、佐川急便が、中国のEV車両を導入するというものでしょう。 佐川急便(SGホールディングス)は、中国の自動車・部品メーカーである広西汽車集団の小型商用の電気自 …

【暴落相場の予兆?】 米国住宅ローンの急騰がバブル崩壊を招くのか!

    本日の日本市場は、全面安の展開。 特にマザーズ銘柄は、ひどい下げに見舞われ、指数自体も4%の下落となりました。   世界市場を見渡してみましても、ほぼ全ての市場が下落しています。 やはり、セル …

【朗報】「エアトリ」が大幅高を演出!

    本日のマーケットは、昨日のNY市場が下げたものの、堅調な動きを見せました。 マザーズも、朝方は軟調な場面もありましたが、終わってみれば続伸し、好調持続といったところでしょうか。   ポートフォ …

【ブチ抜く覚悟】 強気相場は悲観の中に生まれる!

    NYダウの記録的な下げに、相場の世界は、悲観モードになってきています。 悲観的になってきますと、あらゆるものが悲観的に考えるようになり、プラス要因もなかなか見当たらなくなってきます。   これ …

【昨日ストップ安の続編】 見事「KaizenPlatform」を買い向かい溜飲を下げる!

    本日の日本市場も、引き続き堅調な動き。 日経平均株価は4連騰、マザーズは3連騰とまずまずの展開となっています。   現金比率を大幅に高めている身としましては、この恩恵に与れず複雑な心境ではあり …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー