HOUSING

コロナ禍でもマンション価格は過去最高   【注目:有利に購入するテクニック】

投稿日:

 

新築マンションの販売戸数が、過去最低まで落ち込んでいるようだ。

新型コロナウイルスの流行による営業休止があり、不動産会社が供給物件を絞り込んでいるのが主な要因となっている。

 

通常であれば、販売戸数が大幅に落ち込むということは、需要減のため価格は下落するのだが、平均販売価格は、なんと過去最高まで上昇している。

地価も建築単価も上昇しているので、仕入価格は高止まりしており、定価はもともと高いのだが、デベロッパーが値引きをしていないため、下がらないのだ。

 

このままいくと、この先は体力勝負となるが、今は大手のシェアが高まっているようなので、まだ余力はあるのかもしれない。

 

テレワークの影響

 

コロナ禍でテレワークが一気に普及したが、不動産業界にはどのような影響を与えているだろうか。

 

一つは、執務スペースの問題がある。

部屋数や広さに余裕がない場合は、リビング等で執務するしかなくなり、なかなか不便だ。

一時的であれば、なんとか凌ぐこともできるが、これが長期化、恒常化するようであれば、対処する必要がある。

 

そうなると、思い切って買ってしまうか、リフォームするかということになる。

当然に、デベロッパーも、テレワークに対応したプランを用意しているので、なかなか訴求力があるだろう。

 

一方で、テレワークが恒常化すると、住む場所に制限がなくなる。

東京の企業に勤めていても、なにも価格の高い東京に居を構える必要はなくなる。

 

しかし、既にテレワークを標準化している企業もあるが、多くの企業はまだ決めかねている状態なので、現時点では不透明感がある。

どうなるか分からないとなると、まだ思い切った決断ができないので、物件購入までは至らない。

 

また、給与が下がったり、賞与が減少したり、先行き不安があると、なかなか購入までは踏み切れない。

 

やはり、今は不安定な要素が多い環境なので、需要は総じて弱いものになると考えられる。

 

それでも物件を購入したい場合

 

どうしても欲しくなってしまったり、子供の進学等で買わなければならないタイミングであれば、少しでも有利に購入したいところだ。

物件にもよるが、総じて需要は弱く、直ぐに売れてしまうことは考えにいので、ここは値下げ交渉をしていきたい。

 

この際は、まずは時間的に余裕を持って交渉に臨みたい。

この時間的な余裕がないと、先にこちらが折れることになり極めて不利になってしまう。

 

もう一つの鉄則は、他の物件と天秤にかけることだ。

これは、住宅だけでなく、高価な買い物をするときの共通のテクニックだ。

 

あとは、粘り強く交渉すること。

交渉とは、どちらが先に折れるかの勝負なので、粘り強さが必要となる。

 

これらの要素は、言葉にすれば簡単に聞こえるが、実際に実行するとなると、なかなかに難しい。

ましてや、相手は百戦錬磨の営業パースンなので、中途半場にやっては簡単に見透かされてしまう。

 

多くの人が、面倒になり途中であきらめてしまうが、もったいない話だと思う。

元が何千万円というものなので、100万円単位で影響がでてくる。

 

住宅ローンにしてしまえば、僅かな差に感じたり、あまりに高額で感覚が麻痺してしまうものだが、ここはシビアに取り組んでいきたいところだ。

 

私は、こういった交渉を、いずれ請け負いたいと考えている。

エージェントが間に入ることで、買い手も売り手もハッピーになれるような仕組みをつくっていきたいと思う。

早く今の仕事のかたを付け、いずれ近いうちに旗揚げするつもりだ。

 

 

-HOUSING
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

住宅アドバイザーの必要性【誰に相談して住宅を購入すべきか?】

    ブログを開始して早や半年が経過した。 すっかり日常化したので、この作業をやらないと、逆に落ち着かなくなった。   ひと昔前は、職業柄、住宅に関するブログを書いていたのだが、住宅業界を引退してか …

住宅ローン控除の期間延長に騙されるな!【控除額減額で実質増税が目的?】

  本日の株式市場は、日経平均株価は下落したものの、マザーズはやっと反発。 終値は、2.5%の上昇となり、やっと一息といなった状況となった。   ここのところの下げは、原因がさっぱり分からないのだが、 …

住宅設計も新生活様式で【住宅はウイルスから家族を守る最後の砦】

6月の新設住宅着工戸数は、前年同月比12.8%減の7万1,101戸と、12カ月連続のマイナスと落ち込んだ。   内訳をみても、持ち家が16.7%減の2万3,650戸と大幅に落ち込み、11か月連続の減少 …

コロナ禍で浮き彫りになったアパート経営の闇【相続税対策は幻想となった】

  コロナ禍による収入減で、住宅ローンの相談が増えているようだ。 コロナによる影響は、もうかれこれ半年くらい続いているので、多くの家計は日増しに厳しくなっていると思われる。   毎月の収入が途絶える、 …

アパート経営の闇②【相続税評価減の甘い罠】

  本日は、アパート経営の闇にせまる第2弾となる。 アパートの需給バランスは、飽和状態に陥っており、経営が破綻するケースが後を絶たない。 そう、建てすぎたのだ。   営業マンは、あの手この手で、アパー …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー