THOUGHT

児童手当の所得制限強化で61万人の子供が支給対象外になる【少子化対策が聞いて呆れる】

投稿日:

 

児童手当の所得制限が強化され、支給対象が減少する見込みとなった。

 

児童手当の支給額

  所得が限度額未満 限度額以上
3歳未満 1万5千円 5千円
3歳〜小学生 1万円(第1子、第2子)
1万5千円(第3子以降)
中学生 1万円

 

児童手当の所得制限の目安

扶養親族の人数 収入額
1人 875.6万円
2人 917.8万円
3人 960万円

 

上記のように、現在は所得制限によって支給額に増減はあるものの、児童数に応じて各家庭に満遍なく支給されている。

これが、今回、年収1200万円以上は、支給しないとしているのだ。

 

ここまで、この議論は紆余曲折があり、世帯収入の合算値で足切りを行うという、更なる暴挙が画作されてもいたのだが、これは公明党の反対で潰された。

全く何をやらかすか油断がならない。

 

共働き世帯を舐めている。

こんな稚拙な施策で、少子化対策ができると思っているのだろうか。

 

 

今回の足切りは、待機児童を解消する財源を捻出するという大義名分があるようだが、単なる予算の付け替えをしているだけで、知恵が足りない。

これにより、約61万人もの子供に、児童手当が支給されなくなるのだ。

 

そんな、1200万円も収入があるんだから、それくらい問題ないでしょという人もいるかもしれない。

確かに、比較論だけで言えばそうも言えないこともないが、この世帯が裕福かというと決してそんなことはない。

 

もう何年もこの年収層を狙い撃ちにした増税が繰り返されており、手取りは毎年のように減少しているのだ。

このように、このミドル層がどんどんプアーになっていくのは、個人消費に頼る日本経済にとってはよろしくない。

 

 

少子化対策は最重要課題

 

日本社会にとって、少子化対策は最重要課題のはずだ。

人口動態を見れば、未来の人口推移は明確に予想でき、このままでは日本は人口減により国力が低下していくことは目に見えている。

 

であれば、ここは思い切った少子化対策をしなければならないはずなのに、これに逆行した施策ばかり打ち出している。

思い切った少子化対策とは、この児童手当を皆が驚くレベルまで引き上げることだ。

 

インパクトがなければ、効果はでない。

ちまちまとした施策をしているだけでは、言い訳の口実になるだけで意味がない。

 

 

この少子化を克服しないとどうなるか。

国力を維持するためには、外国人をどんどん受け入れていかねばならない。

 

これを安易に考えている人も少なくないと思うが、本当にその覚悟があるのだろうか。

真の国を思う政治家、真の官僚はいないのだろうか。

 

全くもって、危機感しかない。

-THOUGHT
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

エコバッグは危険?【日常の常識はコロナ禍の非常識】

    7月1日より、日本全国でプラスチック製買物袋の有料化が始まる。 これにより、エコバッグの利用率が一層高まることが、予測される。   が、その一方で、アメリカでは、エコバッグの使用を禁止する動き …

コロナ対策は、ワクチン接種が最善の解なのか?

    大阪、神戸、仙台などに続き、12日から東京、京都、沖縄に「まん延防止等重点措置」が適用されることになりました。 昨日、京都に行ってきたところですので、ギリギリセーフだったということでしょうか。 …

【YouTube削除】コロナワクチンの話題が言論統制される異常な世の中!

    本日は連休二日目となり、相変わらず猛暑となっていますが、マーケットはお休みのため、張り合いのない日になりそうです。   暇なので、カード会社の特典で入手したケルヒャーで、バルコニーと窓の掃除で …

病気は「病は気から」と書いてある

  このコロナ禍では、病気と聞くと過敏になり身構えてしまう。 ワクチンも治療薬もないとなると、絶望的になってしまう。 少しでも感染リスクを減らすために、不要不急の外出を控えている訳だが、その中には皮肉 …

マーケットはコロナ感染者数増加に翻弄されるのか?【でも、寒くなれば感染者が増えるのは当たり前じゃないの??】

    本日の株式市場は、昨日と全く同じ展開となり、日経平均株価は106.97円安の25,527円。 日経平均は下落したものの、TOPIXは0.98ポイント高となり、結局、日経平均はまたファーストリテ …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー