FINANCE Stock

サンアスタリスク・オプティムなど好決算銘柄が撃沈⤵️

投稿日:

 

 

 

本日は、北海道を中心に嵐の天気となっているが、私のポートフォリオも、嵐に見舞われた。

日経平均もマザーズも下落したので、やむを得ない相場環境ではあるのだが、好決算銘柄が軒並み売られ、決算前の株価に逆戻りしてしまった。

 

サンアスタリスクオプティムChatworkKaizenPlatformプレイドと、好決算主力銘柄が逆噴射。

PR TIMESエーアイといった既存主力銘柄も軟調。

 

なかなかストレスの溜まる一日となってしまった。

 

 

一方で、一人気をはいたのは、エアトリ

ワクチン期待もあり、旅行関連が軒並み上昇した恩恵もあるが、4%高と頑張ってくれた。

 

一時は、7%高まで上昇したので、200株、現金化しておいた。

まだまだ上がると期待しているが、少しずつ利益確定し、現金化するのも必要なことなので、ここは淡々と実行していきたい。

 

 

 

 

アフタコロナの世界

 

ワクチン接種がいよいよ始まるが、ここのところ感染者数も減少傾向にあり、一旦は収束方向に向かうのかもしれない。

季節的な要因が大きいので、これから暖かくなっていくのも、追い風となるはずだ。

 

そうなると、人々の行動様式はどう変わっていくのだろうか。

一年に渡る抑制された生活スタイルの反動もあるとは思うが、逆にいえば、もうこの新状態に慣れてしまった感もある。

 

今後、どのようなサービスが主流となるかは、ここの読みが重要となってくる。

 

例えば、Uber Eatsは、アフターコロナでは利用されなくなるのか。

一度利用されたものは、今後も拡大されるのか。

 

Zoom会議は、今後も利用拡大していくのか。

また、前のように、出張、訪問が当たり前の様式に戻ってしまうのか。

 

在宅勤務はどうなるか。

多様な働き方は、広がりを見せるのか、または、出社が当たり前の世に逆戻りしてしまうのか。

 

 

考え方は人それぞれであるが、どちらがコモンセンスとなるのかは、最大の関心事となる。

個人的には、この新状態が、今後も状態化していくことを望むのだが、旧態依然とした考えが蔓延るオールドカンパニーの世界では、また元のアナログな世界に戻ってしまうのではないかと危惧している。

 

コロナの副作用により、強制的にデジタル化が進んだのは、このコロナ禍で唯一の成果だと思うので、この灯火は決して消してはならない。

良き世になっていくことを願うばかりだ!

 

 

 

 

🌟頑張ろう!飲食業界🌟

 

🌟頑張ろう!観光業界🌟

-FINANCE, Stock
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ポートフォリオの入れ替え戦開始!

    本日のマーケットは、日経平均は微増となりましたが、マザーズは2%安となり一服感が出ております。 ここのところの急上昇と、ナスダックが下げたことにより、一旦は調整となったようです。   これが、 …

【日経平均は寄り天地獄】 月末アノマリーを警戒か?

    ただいま、前場が終わったところですが、日経平均は、相変わらずの「寄り天」です。 先週で、相場転換したのではないかと、淡い期待を抱いていたのですが、基本線としては、弱いということなのでしょうね。 …

早期退職募集を好機と捉えよう!

    企業の冬のボーナスが、減少傾向にある。 JR東日本が3割減になるとの報道があったが、大手・中小関係なく、今年の冬は懐事情が厳しくなりそうだ。   日本の商習慣では、ボーナスは生活給の一部になっ …

希望退職には応募すべきか! 【サラリーマンが気楽な稼業なのはお伽話】

    株高に沸く一方で、オールドカンパニーは、事業構造を転換する時期に差し掛かっている。 そのため、多くの大企業で、昨年から希望退職を募集しており、サラリーマンは安泰な職業ではなくなりつつある。   …

【世界恐慌の始まり?】 今までの常識は通用しない安全保障と株式市場!

    昨日の米国市場は、ダウ、ナスダックともに下落してしまいました。 欧州市場が上昇しましたので、さすがに上がるだろうと予測していたのですが、ズルズルと後退していきました。   これで、週明けの日経 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー