FINANCE Stock

日経平均先物を購入しようとしたところ…思わぬことが発生!

投稿日:

 

 

今日は、やっと反発してくれましたね。

3日で2,000円も暴落していましたので、流石に、持ち直す頃合いといえば頃合いです。

 

NY市場も、ナスダックの戻りはイマイチながらも、ダウが大きく反発してくれたことも、安心材料となりました。

まあ、この展開も、予期できたことではありますが、アクションできないのは、未熟な証拠であります。

 

 

実は、昨夜、日経平均先物を買ってみようかと、考えていました。

先物は、今まで一度もトライしたことがありませんでしたが、口座は持っていますので、いつかはやってみたいとは思っていたのです。

 

現物株が大きく凹んだ現状で、個別株をナンピンするのは少々憚られましたので、何かでショートカバーしたいと思いまして、まだ、本格的な回復には至らなそうですが、短期的な反発は入りそうなタイミングでしたし、ボラティリティが高いので、これには、は大きく利幅が取れる先物がピッタリなのです。

 

そこで、先夜、アプリを開き、購入しようと入力していたのですが、なぜか残高不足と表示されるのです。

てっきり、株式と同じように、証券口座と連動していると思い込んでいたのですが、そうではなく、専用口座に資金を移す必要があったということです。

 

 

そうなのかと、早速、資金を移そうとしたのですが、どうやら即日の反映はできないようで、明日にしか反映されないということがわかり、泣く泣く断念したのでした。

 

なんという、初歩的なミス…。

 

 

結果的に、その時に買っていれば、100万円近い利益を得られたので、今日は相場全体は反発したものの、なんとなく気持ち的に冴えない1日になってしまいました。

まあ、口座に資金があっても、最後の確定ボタンを押せていたかは、分かりませんけどね。

 

 

今回は、先物に手を出すことは出来ませんでしたが、これが吉と出るか凶と出るかは分かりません。

短期的には、100万円を取り損ないましたので、凶と出ているのですが、先物は、ハイリスクハイリターンの商品ですので、例え今回うまくいっとしても、それはタマタマであり、大きく負ける可能性もあるのです。

 

このような危険度の高い商品ですので、一度手を出したが最後、身を滅ぼすことになる可能性だってあるわけですので、長期的に見れば吉であったとも言えます。

 

この先、トライするかどうかは分かりませんが、今日のことろは、手を出さなくてラッキーだったと、考えることにしようと思います。

 

人生は、所詮は気分次第。

そうであるならば、できるだけ気分良く、暮らしていきたいものです。

 

ご気楽にいきましょう!

-FINANCE, Stock
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

人生100年時代に勝ち組になる方法【個人で会社を買う時代】

  人生100年時代が到来している。 長く生きられるようになったものだと、感慨深い一方で、老後がえらい長くなったものだと、不安を感じる人も少なくないと思う。   60歳で定年して、まだ40年もある。 …

【マザーズ4日続落】 「AI Inside」ショックが足を引っ張るも総悲観ではない!

    とうもろこし相場が高騰しています。 近いうちに盛り上がるとは思っていましたが、残念ながら、しばらく前に処分してしまいました。   売った時からしますと、倍近くになっており、まさに痛恨の極みであ …

株投資に成功するためには、保有銘柄数は程々に!

  本日のマーケットは、日経平均株価は終始、揉み合い相場となったものの、終値は+25円と小幅ながらも続伸となった。 一方で、マザーズは7ポイントの下落となり、勢いを欠いた内容となった。   マザーズは …

【新規仕込み】 「アニコムHD」と「IーPEX」を打診買い!

    本日の日本市場は、マザーズが大きく崩れてしまいました。 前日比でマイナス2.65%、日経平均で換算すると800円の下げですので、かなりヤバい下げです。   緊急事態宣言が解除され、アフターコロ …

NY市場と連動しない日本株!【これは怪現象なのか再評価なのか?】

  本日の日経平均株価は、前日比△8円と小幅安で終わり、前日650ドル安と急落したNYダウの影響を受けずにすんだようだ。 ここ最近、NYダウとあまり連動しなくなっていたのだが、今日の相場で、一層それが …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー