FINANCE Stock

大嵐の中 「エアトリ」と「グッドパッチ」が上昇し、ポートフォリオの損害は軽微!

投稿日:

 

 

本日は、嵐の1日となってしまいましたね。

もちろん、下がるとは思っていましたが、ここまで大きく反応するとは…、です。

 

昨日ブログに書いた予想では、500円〜1,000円のレンジで下がるとしていたのですが、予想値の中では、最悪のケースとなってしまいました。

でも、これは、流石に下げすぎではないかと思っていますが、どうでしょうか??

 

 

とにかく、日本株は、米国市場に反応し過ぎるきらいがあります。

現に、NYダウが2%以下の下げ率だったのに対し、日経平均は3%以上も下げているわけですから、世話ないです。

 

香港でも、韓国でも、またシンガポールでも1%前後しか下げていませんし、逆に、中国やインド市場は上昇しています。

 

いつまで、日本は、戦後なのでしょうかね。

もう、大概にしてもらいたいものです。

 

 

それでもまあ、今日は、下げてしまいましたが、欧州市場は上昇していますし、ダウ先物も上昇しているようですから、明日は戻すのではないかと思います。

問題は、どこまで戻せるかというところになりますが、ここでも、NYほどは戻せないのでしょうね。

 

いやあ、情けないものです。

やっぱり、日本株に見切りをつけて、米国株にシフトすべきなのでしょうかね。

 

 

本日の投資成績

 

さて、肝心のポートフォリオの状況ですが、成績は4勝10敗1分と大きく負け越しました。

負け越すのは当然なのですが、4勝したことに驚いています。

 

マザーズが、日経平均ほどには下がらなかったことが要因だと思いますが、それでも、この地合いでプラスになる銘柄を保有していたことに、感激です。

その上昇した銘柄をご披露しますと、エアトリ、グッドパッチ、PR TIMES、アイティメディアとなっています。

 

 

特に、エアトリとグッドパッチは、ポートフォリオの上位1位と2位の銘柄ですので、ここが踏ん張ってくれたことはかなり大きいです。

逆に、ここが下がっていたら、目も当てられない状態に陥っていたかもしれません。

 

ありがたい限りです。

 

 

また、昨日ブログを書いた時点では、今日どう動くか決めかねていましたが、最終的に、売るという判断はせず、全銘柄ホールドすることに決めました。

結果、今日の時点では、この決断は正解でしたので、ナイス判断だったと思います。

 

それでも、明日以降、まだ余談を許さない展開が続きますので、慎重に対処していきたいと思います。

 

 

-FINANCE, Stock
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

投資家からトレーダーへ! 【投資スタイルを変更し、短期的に利益を積み上げる】

      明日から3月相場が始まる。 3月期決算の企業が多いので、配当や優待狙いの買いが入ることが予想される。   例年だと、3月は環境的には良好なのだが、今年は、上昇相場のトレンド転換があるかが、 …

新興株に試練の時来たる! 【買い増しか、撤退か…】

    本日は、寒さが堪える一日となった。 年に数日しか降らない雪にも見舞われ、今シーズン最後の冷え込みとなっただろうか。   週末は、20℃を超える暖かさにもなるようなので、三寒四温とも言えるかもし …

アフターコロナでは企業の栄枯盛衰が加速化する!

  今年は、コロナに始まり、コロナに終わる(継続)ことになったが、大晦日ということもあり、1年を振り返ってみたい。   コロナウイルスは、感染当初こそ、その未知なる恐怖からパニック状態となったものの、 …

【沈みゆく日本と米国】 現政権に未来はなく、政権交代が唯一の望みか!

    本日も曇天、梅雨空が広がっています。 この季節は、太陽を拝めない日が続きますが、ジメジメした日が続いてしまうと、心もなかなか晴れませんよね。   ただでさえ、心が晴れないのに、相場の世界がこん …

【KaizenPlatformがストップ安】 ここまで来たら買い向かってやろうかな!

    本日の日本市場は全面高の展開に。 日経平均株価は、再度、3万円を試す展開になりそうな勢いです。   一方、ポートフォリオの方は、この上昇の波に乗れず、30万円超のマイナスに。 辛い現実を受け止 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー