FINANCE Stock

【プーチン暴挙に為す術なし】 金銭欲 VS 倫理観!

投稿日:

 

遂に、プーチンが一線を超えました。

全面戦争という暴挙、ここにどんな合理性があるのか。

 

もう、やけっぱちなのでしょうか。

 

ウクライナ東部の2州だけにとどめておけば良いものを、ここまでやると、デメリットしかないと思うのですが、どうなんでしょうか。

 

中国は別にしても、国際社会も、ここまでやられると流石に黙ってはいられません。

ロシア株が、一時、半値にまで暴落していることが、先行きを占っているというものです。

 

 

それでも、プーチンは、勝算があってのことなのかもしれません。

欧州は、ロシアの天然ガスなしでは、エネルギー政策が成り立たないことが分かっていますので、もう舐められているのです。

 

欧州は、馬鹿げた「脱炭素祭り」を行なってしまったばかりに、とんでもないツケを払わされる形となっています。

 

墓穴を掘ってしまいましたね。

あまりに大きな代償です。

 

やってまいました。

 

 

 

しかし、これでマーケットも、どうなるか分からなくなってしまいました。

戦争=売り、では必ずしもないのですが、混沌とするでしょうね。

 

ポートフォリオについても、本日も引き続き、「エアトリ」が暴落してしまい、大きな痛手となっています。

エアトリで、この3日間だけで、300万近くやられてますからね。

 

毎日、8%も下げられては、もはや、なす術がありません。

 

 

でも、まあ、戦争が勃発することは、予期できていたことですので、分かっているならば、売りポジションを取っておけば良いのですよね。

しかし、これはなかなか出来ないのが、また真なりです。

 

売りポジションを取るということは、戦争が勃発すれば儲かるということになりますので、いわば、戦争を歓迎することになってしまいます。

これは、倫理的にも問題があり、人間性が崩壊してしまいそうです。

 

そんな甘いことをと言われるかもしれませんが、そこまで、金儲けに徹することはできません。

こればかりは、どうしようもないことなのです。

 

 

 

この戦争は、どう終結するのか。

 

他国にまで、連鎖してしまうのか。

そうなると、第3次世界大戦となってしまいます。

 

プーチン VS バイデン、これを考えると、絶望的になります。

 

もう、一個人では、祈るより他ありません。

 

 


トレード日記ランキング

 

 

 

-FINANCE, Stock
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

投資判断は企業のビジョンに注目!【中日ドラゴンズが弱いのはビジョンがないから?】

    今日の下げはなかなか厳しい。 日経平均もさることながら、マザーズが崩れてしまった。   終始下げがきつく、結局、終値は51ポイントの下落となってしまった。 率にすると、△4.19%。 大陰線と …

【2018年12月相場の再来】 この暴落相場はまだ序章に過ぎないか!

      雪は積もりませんでした。 うっすらと残る程度でしたが、初雪には変わりありません。   寒いのは嫌ですが、温暖化も困りますので、程々の四季であってもらいたいものです。     さて、昨日のN …

目指せ金融資産1億円!【2021年の目標設定】

  新年おめでとうございます。 今年は、このブログも2年目に突入するので、少しは気の利いた内容を記していきたいと思う。   それにしても、なんとなく、まだ新年を迎えたという実感がない。 年末からステイ …

【全部岸田のせい】 現政権が続く限り、日本市場が回復する可能性は永遠のゼロ!

    NYダウが、90年ぶりに8週連続下落ということで、弱気相場入りに突入かと言われています。 90年ぶりというのが、インパクトがありますが、途中、反発がないというのは、異常とも思えます。   この …

【ドル円136円に】 円安進行の真因は、日米金利差にあらず!

    本日の日本市場は、全面高の展開。 昨日の弱気相場から一転し、強い値動きを見せてくれました。   まあ、当然といえば当然の結果です。 昨日の下げが不可解でしたので、本来は、昨日の時点でこれくらい …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー