FINANCE Stock TRAVEL

【店舗閉鎖拡大】旅行業界はオンラインへの積極投資を!

投稿日:

 

 

JTBなどの大手旅行会社が、国内店舗を減らすという記事がありました。

今更、驚くべき内容ではありませんが、旅行愛好家としましては、ノスタルジーを感じてしまいます。

 

この大きな流れは、コロナ禍が影響してはいるのですが、現実的には、コロナ前から既にネット専業が台頭していますので、遅かれ早かれという面はあります。

 

また、リアル店舗は、オペレーション的にも、効率的とは言えないところがあります。

何せ、顧客当たりの時間がかかり過ぎます。

 

 

たまに訪れても、順番待ちは確実。

宿を取るだけで、あれだけ時間をかけていては、採算的にも合わないでしょうね。

 

顧客革としては、旅は計画している時が楽しいという醍醐味からすると、旅行会社でのひとときもその一つとなりますが、やはり、待ち時間含め、時間がかかり過ぎるということに関しては、デメリットの方が大きくなるのだろうと思います。

 

 

いずれにしても、オンライン化の流れは止められないのですが、今後は、オンライン上での見やすさをどう強化していくかということが焦点になってくるのでしょう。

今のところ、オンラインで見るよりも、紙のパンフレットを見た方が分かりやすいですし、何より楽しく、ワクワク感があります。

 

あのパンフレットも、相当お金がかかっているでしょうから、それをネットに投資すれば、かなり改善されると思うのですが、どうでしょうか。

旅好きとしましては、期待したいところです。

 

 

さて、本日のマーケットですが、相変わらず、寄り天の流れが続いているようです。

本日も、200円高まで上昇する場面があったものの、前場終値は57円高と萎んでしまいました。

 

マザーズにいたっては、1%弱の下落となっています。

 

 

また、決算後の下落が酷い銘柄が多くなっています。

 

グレイステクノロジーは、1Qの経常利益が12%減益と発表後、本日はストップ安。

セレスは、経常利益を15%上方修正したものの、本日は18%の下落です。

 

 

グレイスの株価は、厳しいものになっていますね。

昨年12月は4,235円をつけていましたので、僅か7ヶ月強で1/4になってしまいました。

 

ここのところも下落基調でしたので、この程度の減益幅であれば、悪材料出尽くしで上昇しても良さそうなのです。

それが、ストップ安とさらに売り込まれるとは、恐ろしい状況です。

 

 

カリスマ会長が亡くなったことが、尾を引いているようですが、やはり、新興企業は、人によるところが大きいということなのでしょうか。

テクニカル的には、割安感MAXなので、買い時のようにも思えるのですが、このような背景があると、参戦するには勇気がいります。

 

 

勝負をするのは今とは思いますので、挑戦する人はトライしてみてはどうでしょうか。

私は、死んだふり状態ですので、ステイですが…。

-FINANCE, Stock, TRAVEL
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ここから日本株の大躍進が始まる!【バフェット砲の威力】

  今日は、グッドニュースが二つあった。   一つ目は、次の総理が、菅さんに決まりそうだということ。 二階派に続き、麻生派も菅氏支持を決めたようで、これで勝負あったようだ。   菅さんが出馬を表明した …

マザーズ銘柄は試練の時! 【今は黙って動かざること山の如し】

    本日は、ひな祭りということで、家族で手巻き寿司を食した。 皆、食欲旺盛で、ネタの奪い合いとなり、あっという間にネタが尽きてしまった。   このように、食費がかかる一方になってきているが、食べた …

【マザーズ大暴落は絶好の買い場】 ド派手に行くぜ!!

    気候的に寒い日が続いていますが、相場もかなり寒い状態となっています。 本日は、マザーズが総崩れしてしまい、下げ率は、なんとマイナス5%にも達してしまいました。   5%も下げるなんて、ここ1年 …

no image

PCIホールディングスはこのまま上昇気流に乗れるか?

  本日の日経平均株価は、引けにかけて値を下げたものの、79円高と何とか持ち直した格好となった。 マザーズ指数も、1.7ポイントと小幅ながら上昇し、週初めとしては、まずまずのスタートとなった。   個 …

在宅勤務すら推進できない企業に未来はない!

  欧州では、コロナウイルス感染者が再び増加に転じているが、日本では、時折クラスターが発生するものの、徐々に収まりつつある状態となっている。 日常生活を取り戻すために、観光地でも賑わいをみせているが、 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー