FINANCE Stock TRAVEL

損益度外視の投資もある【旅行業界を全力応援!】

投稿日:

 

昨日で、概ね、怒涛の決算発表が終了した。

コロナ禍で、総じて良くない内容ではあるものの、今後に期待が持てるものや、意外に健闘している銘柄もあり、今後の投資戦略を練るうえで参考になった。

 

持ち株では、Chatwork(4448 マザーズ)が期待通りの好決算であった。

・第2四半期売上高612百万円(前年同期比 +39.1%)
・Chatwork事業の第2四半期売上高520百万円(前年同期比 +35.1%)
・売上総利益450百万円(前年同期比 +63.7%)
・営業利益139百万円(前年同期比 +316.2%) 

 

コロナウイルスによるテレワーク需要が増加したことが追い風となる、Chatwork事業、セキュリティ事業共に大幅に伸長しており、絶好調だ。

 

今後、持続的に成長し、チャットのデファクトスタンダードになるためには、MicrosoftのTeamsとの戦いに勝利することが必要となる。

 

大企業とを中心に、Office365を利用していることが多いので、ここをどう崩していけるか。

この施策としては、7月からZoomとサービス連携と行っているので、これがどこまで効果が上がるかに注目したい。

 

在宅勤務がどこまで本格的に浸透していていくのか。

コロナ第1波が収まりつつあった際、出社企業が増えたように、恐らく多くの企業は変化を嫌い、元に戻そうとすることが予想される。

 

これは、方針の決定権がある経営者層や管理職層が、在宅勤務に適応できなかったことと、在宅=サボるという性悪説にたっていることが主な要因と考えられる。

しかし、このような感覚で経営を行うと、ガラパゴス化して、遅かれ早かれ時代に取り残される。

 

今、日本企業の最も大きな課題は何かというと、そうれは生産性の低さだ。

そして、この生産性の低さの原因は、管理職を中心としたコミュニケーション能力の欠如だと思う。

 

方針を、チームに分かりやすく説明できず、間違った方向に労力が費やされる。

チームからの提案(アウトレット)を適切にジャッジできず、やり直し等無駄な作業が多くなる。

 

このような作業が繰り返され、作業時間が無駄に長くなり、生産性が低下する。

このような作業が繰り返され、チーム(従業員)のモチベーションが低下して、アウトレットの質が下がる。

 

結果、従業員の退職が多くなり、戦力が低下する。

新入社員も入らず、ガラパゴス化した社員のみが残ることになり、衰退し消滅する。

 

このような末路を辿らないよう、時代のニーズを迅速に的確に捉え、変革してくことが求められる。

そのために、このチャット機能は、変革に対応する手段として、また、コミュニケーションの向上のために、有用だと思う。

 

旅行業界は壊滅的?

 

続いて、これも持ち株のエアトリ(6191 東1)をみてみよう。

エアトリは、旅行券予約サイト「エアトリ」を運営しており、今回のコロナの影響を大きく受け被弾している。

 

当然、2020年9月期の第3四半期決算も、第2四半期同様に赤字となっているのだが、予想よりも踏ん張った印象がある。

 

取扱高は、前期比67%の669億円。

もっと壊滅的になるかと予想していたが、意外と踏ん張った感がある。

 

そして、営業利益は△1億円(減損前)。

これは、広告宣伝費など55%の大幅なコスト削減をしたことが大きいが、この状況下で△1億円にとどまったことは、大健闘といえるのではないだろうか。

 

あとは、最終の4Qがどうなるかが焦点となる。

この4Qは、夏休み期間と重なるため、例年書き入れ時となるのだが、残念ながらコロナの再拡大期と重なってしまった。

 

混迷を極めるGo To トラベルキャンペーンの開始によって、7月の取扱高は開始前後比で205%を達成するなど、一定の成果を上げているようだが、問題は8月だ。

お盆期間の自粛ムードに、どの程度影響を受けているのかが、焦点となろう。

 

旅行関連は、普通に考えたら今は保有すべきではないだろうと思う。

が、しかし、が趣味の私としては、衰退してもらっては困るのだ。

 

このまま何年も旅を出来ない人生は、想像できないし、考えたくもない。

何のために生きているのか、その存在意義も問われる一大事だ。

 

だから、せめても、株を買って応援するしか今は方法がない。

これは、儲かる儲からないの基準ではない。

 

投資家の戦略としては間違っているのかもしれないが、方針を決めるのは自分自身なので、何も問題はない。

こういった投資もありだと、私は思っているし、今後も続けていきたい。

-FINANCE, Stock, TRAVEL
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ダマシ上げに注意】 「RIZAPグループ」は今日も下げ、怒髪天を衝く状態!

    本日の日本市場は、まさかの全面高の展開。 昨日のNY市場の下落も関係なく、昨日の下げを取り戻してしまいました。   予想に反した反騰に、少々戸惑っております。 なぜゆえに、こんなに戻してしまっ …

RIZAPを買い増して撃沈したが、もう少し買い向かってみる!

    本日のマーケットは、日経平均もさることながら、マザーズも2%程上げたので、保有株の上昇を期待したのだが、期待に反し上げ幅は限定的となり、結果、10万円程のプラスに止まってしまった。 やはり、期 …

【大荒れ相場時の投資戦略】 コマンダーインチーフは自分自身!

    いやあ、それにしても、本日はどえらい下げましたね。 何かのキッカケを待っていたかのような、凄まじい下げ圧力を感じました。   そのキッカケとは、米国の長期金利の上昇なのですが、それはあくまで米 …

【5月は鬼門】 ポートフォリオ崩壊に耐え忍ぶ日々!

    本日の日本市場は、日経平均上げの、マザーズ下げという、お決まりの展開。 上昇銘柄数が、下落数を上回る、まずまずの状況なのでしょうか。   しかしながら、ポートフォリオは、全滅状態。 嵐が吹き荒 …

IPOが多すぎて持株が上がらない現象が続く…!

  本日の日経平均株価は、薄商いの中、▲11円と小幅安。 しかしながら、東証1部全体で見ると、6割強の銘柄が上昇しており、まずまずの相場となったようだ。   マザーズは、▲5.37とこちらも小幅安とな …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー