FINANCE Stock

投資を一旦撤退して出直す方法

投稿日:

 

本日、ある買いポジションを手仕舞った。

この数か月持つ続けてきたが、いろいろと苦しくなってきて、やっと踏ん切りをつけ撤退した。

その銘柄は、VIX恐怖指数というのものだ。

コロナショックで、いよいよ暴落が始まりつつあった3月の初め頃に、他の保有銘柄保持のための保険のつもりで購入した。

このVIXというのは、恐怖指数という名前の通り、波乱の相場となると値が上がる。

なので、今回の暴落では、ものの数週間で、値が5倍くらいに跳ね上がった。

その間、NYダウも日経平均も真っ逆さまに暴落し、我が保有銘柄達も、軒並み半値になり、さらに悪いものだと1/3まで一瞬のうちに大暴落してしまった。

まさに、あっという間の出来事で、手の施しようがなかった。

 

しかしながら、このVIX銘柄のお陰で、当初の予定通りリスクヘッジができたのは幸いであった。

このヘッジのお陰で、比較的心穏やかに、この暴落相場にも耐えうることができたのだ。

 

果てしない欲望のために墓穴を掘る

 

この波乱相場は、暴落のスピードも異次元であったが、転換もまた早かった。

結果的に3月下旬に底を打ち、その後ジリジリと値を戻し、ナスダックなどは、暴落前に迫る勢いだ。

本日5月21日現在、日経平均は2万円を回復しており、NYダウも相当戻している。

 

これは、各国による超絶な金融緩和策によるものだが、実態経済とはあまりにかけ離れている。

長期間におよぶロックダウンの影響により、経済は相当に傷んでおり、また、人々の価値観の変化や行動様式の変容により、例えコロナが収束しても元には戻らないであろう。

このような状況下であるにもかかわらず、株価だけが上昇していくのは、あまりに異常であり、必ず二番底が来るものと確信していた。

だから、当然のごとくVIX銘柄も持ち越していた。

いや、むしろ、買い増していた。

 

しかしながら、現実は、どんどこどんどこと下げていき、ついに買値まで戻ってしまった。

まるで、恐怖など最初からなかったかのように…。

 

現実は常に正しい

 

戦いに負けた今でも、やせ我慢かもしれないが、判断に間違っていなかったとは思っている。

冷静に考えればこの状態はおかしく、浮かれているのは強気派の方だと。

しかし、現実はしっかりと受け止めなければならない。

今ある現実が唯一正しいのであり、いくらそれに異を唱えようと、どうにかなるものでもないのだから。

 

故に、失敗したと観念したら、速やかに脱兎のごとく撤退するしかない。

信長の金ヶ崎撤退戦のごとく。

ずるずると決断を引き延ばすと命取りになる。

 

ダークサイドに落ちていく

 

この相場で一つ学んだことがある。

VIX指数を買ったのは今回が初めてであったが、短期間でのボラティリティは半端ないものだった。

売り時の判断は難しいものの、このような大波乱相場では、取りうる一つの戦術としては有効だ。

 

しかし、学んだのはそんなことではない。

このようなポジションは、精神が蝕まれていくことだ。

 

今回、VIX指数と同時に、日経ダブルインバースも購入していた。

これは、日経平均が下がれば、逆に2倍のリターンを得られるもので、下落相場時には有効な銘柄だ。

本日、このダブルインバースも同時に手仕舞ったわけだが、このような銘柄を持っていると、相場が下がれば儲かるということだ。

ということは、悲しいかな、世の中の良いニュースを素直に歓迎できなくなってくるのだ。

 

自分の見通しは、二番底がくるというものであるので、それが正しいと証明するために、悪いニュースを待ちわびることになる。

これは、現在のコロナ禍では、あってはならないことである。

もうこれ以上、こんな悲惨な状況には耐えられない。

精神がほんとに壊れてしまう。

 

今は、清々しい気分であり、これはお金を損したとかいう次元の問題ではない。

みなさんも、くれぐれも注意して下さいね。

 

教訓:VIX指数は短期決戦!

 

 

 

 

-FINANCE, Stock
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【GoToトラベル再開も】 愚策続きの経済対策で株価への影響を懸念

    Go To トラベルが、1月中旬に再開されるようです。 やっと時期が定まりましたが、感染が収束したこの時期に、もっと機動的にやれないものかと思ってしまいます。   これだけデジタルの時代だと言 …

人生100年時代に勝ち組になる方法【個人で会社を買う時代】

  人生100年時代が到来している。 長く生きられるようになったものだと、感慨深い一方で、老後がえらい長くなったものだと、不安を感じる人も少なくないと思う。   60歳で定年して、まだ40年もある。 …

【コロナ茶番の終焉】 株価暴落を止めるにも、一刻も早くコロナを5類にすべし!

    本日の日本市場は、再び全面安の展開。 昨日の上げは何だったのか、本当に束の間の休日になってしまいました。   しかも、ポートフォリオの損害が甚大です。 エクサウィザーズは9%超の下げ、エアトリ …

【自動車業界の未来】 ゲームチェンジを目論む海外勢を撃破すべし!

    今年は、どの業界が目玉になるのでしょうか。   巷では、自動車関連が盛り上がるのではないかとの噂が飛び交っています。 確かに、トヨタ自動車株は、ここのところ好調で、この下落相場でも、堅調さを見 …

【後悔=不幸せ】 自作シナリオで先手を打って相場を負かす!

    昨夜のNY市場も、好調を持続しているようですので、今週も相場お疲れ様でしたというところでしょうか。 8月以降、上下動の激しい相場が続いていますので、息つく暇がないほど、慌ただしい毎日でした。 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー