FINANCE Stock

【株価は先行指標】 旅行関連株の筆頭「エアトリ」が上昇気流に!

投稿日:

 

 

慌ただしい相場が続いています。

昨日上がったと思ったのも束の間、本日は急落するというジェットコースター状態。

 

日経平均株価は、一時650円も下げましたので、相変わらずの体たらく相場ということですね。

終値こそ少し戻しましたが、これからどうなることやらです。

 

 

何はともあれ、米国市場が下げ止まるかどうかです。

流れとしては、上がる要素はあまりなく、自律反発上げを期待するしかない状態ですが、唯一、長期金利が少し下がったことが手掛かりにされるかどうか。

 

米国は米国、日本は違うというところを見せてもらいたいと思うのですが、属国、いや友好国である日本は追随するしかないのでしょう。

 

 

 

さて、注目のグロース株は、どうだったでしょうか。

マザーズも、本日は低調な展開となりましたが、800ポイントは死守してくれました。

 

昨日同様、一時は799.44ポイントと割り込みましたが、切り返してくれたことは、グッドニュースです。

一旦、割り込んでしまうと、そのまま750ポイントまでズルズルと後退していく可能性がありますので、なんとか踏ん張ってもらいたいものです。

 

 

ポートフォリオについては、好悪マチマチとなりました。

 

昨日ストップ高した「エクサウィザーズ」は、前半戦は好調持続したものの、後半売り込まれてしまいました。

やっと流れが来たかと、ウキウキしていたのですが、まだまだ時間がかかりそうです。

 

また、ここのところ買い増し中の「ファーマフーズ」も、続落となってしまいました。

指値まで届かなかったので、買い増しはできませんでしたが、こちらも、まだ時間を要するようです。

 

 

一方、流れが良くなってきたのが、「エアトリ」です。

やっと低迷期を脱し、上昇気流に乗ってきました。

 

オミクロン株の陽性者は、増加の一途となっていますが、さすが、株価は先行指標です。

オミクロン収束後の世界を、織り込んできているようです。

 

 

ひょっとすると、岸田ボンクラ政権は、緊急事態宣言を発令するかもしれませんが、世界の状況を見る限りは、オミクロンは、2月には収束することでしょう。

そうなると、その後は、GoToトラベル再開が見えてきますので、ますます追い風となりそうです。

 

旅行需要の改善とともに、上方修正すれば、一段高の展開になる可能性も高くなるというものです。

 

その時を、楽しみに待ちたいと思います!

 

 


トレード日記ランキング

-FINANCE, Stock
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【沈みゆく日本と米国】 現政権に未来はなく、政権交代が唯一の望みか!

    本日も曇天、梅雨空が広がっています。 この季節は、太陽を拝めない日が続きますが、ジメジメした日が続いてしまうと、心もなかなか晴れませんよね。   ただでさえ、心が晴れないのに、相場の世界がこん …

【祝】「エアトリ」が再び復調気配!

    本日のマーケットは、日経平均は軟調だったものの、マザーズはわりと大きく上昇してくれました。 昨日のナスダックが上昇した恩恵もありますが、ここのところの大きな下落分の巻き返しが、ようやく始まった …

PR TIMESが好決算!【ユニークなビジネスモデルが映える】

  昨日、Go To トラベルキャンペーンの割引額縮小への苦言を呈したのだが、本日、支援額増額が発表され、該当の予約サイトは上限14,000円を再開した。 なんと、わずか1日での早期対応。 こんなスピ …

日経平均先物を購入しようとしたところ…思わぬことが発生!

    今日は、やっと反発してくれましたね。 3日で2,000円も暴落していましたので、流石に、持ち直す頃合いといえば頃合いです。   NY市場も、ナスダックの戻りはイマイチながらも、ダウが大きく反発 …

【マーケット沈静化】 VIX指数は暴騰せず、ロシアRTS指数も回復か!

    昨日の米国市場は、ダウ、ナスダックともの下落。 ロシア問題を考慮すると、まあ想定内の展開でしょうか。   それでも、月曜日が休場だったことを考えると、下げ幅はさほど大きくなかったですので、現在 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー