FINANCE Stock THOUGHT

恒大集団の破綻懸念で日本市場崩壊?!

投稿日:

 

 

本日の日本市場は、突如として崩れてしまいました。

選挙相場で、上げないといけない相場だったのですが、シナリオがおかしくなりつつあります。

 

米国の先物が下落したことが影響したと言われていましたが、どうやら、中国の恒大集団の破綻懸念が大きいようです。

しばらく香港市場で売買停止となっていましたが、再開した途端に10%以上下落したようで、これが嫌気されたということです。

 

 

このように、本日は外部環境が水を刺した感じになっていますが、本質は、選挙の行方が悲観されいる可能性もあります。

自民党が苦戦することは、当初から織り込み済みなのですが、予想以上に大敗する懸念が浮上し出しています。

 

当落線上の候補者が相当数いると見られており、もしこれが極端にマイナス方向に振れてしまうと、壊滅的なダメージを受けることになってしまいます。

 

この可能性が否定できないほど、苦戦することが予想され出したため、市場が荒れ出したとしたならば、これは少々厄介なことになりますね。

 

 

当初のシナリオは、選挙期間中は上昇し、この上昇時に保有株の大半を売り、身軽になるというものでしたが、方向修正する必要があるかもしれません。

 

今日も、ある程度売却する予定でいたのですが、ポートフォリオは総崩れしてしまいましたので、残念ながら約定なしに終わりました。

そして、含みベースで、80万円弱のマイナスになるというおまけ付きとなってしまい、散々な結果となりました。

 

 

なかなか、儘ならないものですね。

せめて明日は、上げて終わってもらいたいものです。

 

 

 

さて、今日は、非常に腹立たしいというか、馬鹿馬鹿しいニュースを耳にしました。

自衛隊の3等空佐が、食堂で、パンと納豆を余分に食べたとかで、10日間の停職処分となったというものです。

 

なんやねん、これ。

こんな罰則あり得ますの?

 

 

軍隊に規律が大事なのはわかりますが、これで、10日間の停職とは、あまりにひどい仕打ちですし、馬鹿げています。

こんなことをやっていて、日本を守れるのでしょうか。

 

この飽食の時代です。

頑張ってもらっている自衛隊の方々には、ご飯くらい、いっぱい食べていただきたいものです。

 

 

こんな規則は、一刻も早く廃止してもらいたいと思います。

そして、この罰則も、打ち消してもらいたいです。

 

あまりに悲しくなってしまいました。

 

 

 

-FINANCE, Stock, THOUGHT
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【エアトリ決算発表】 減益の見出しインパクトで、月曜日は下げの展開か!

    昨日は、主力株「エアトリ」の決算発表がありました。 この会社の決算は、毎回期待してしまいますので、今回も過大な期待をしてしまっていましたが、残念ながらサプライズはありませんでした。   6月に …

ポートフォリオの動向!【緩やかに回復途上だが、エーアイの株価は物足りない】

  本日の日経平均株価は、13円高と小幅ながらも続伸となった。 TOPIXも5ポイント高と、こちらも上昇し、相変わらずの底堅さをみせている。   東証1部上場銘柄全体を見てみても、半数超が値上がりして …

【24時間テレビって何?】 こんな偽善番組まだやっているの? 旧統一教会問題はどうなった?

    今年も、性懲りもなく日テレが「24時間テレビ」を放送しています。 もう我が家では、見ることはありませんが、いつまで続けるんですかね。   そもそも、チャリティ番組という看板自体がミスリードです …

週間投資成績! 【⭐️ポートフォリオを初公開】

    今年から、足首に爆弾を抱えながら、毎朝ジョギングを継続している。 悪玉コレステロールや、尿酸値が高く、このままでは薬が必要と脅され続け、されど、慢性的になる薬だけは飲まないと心に誓っているので …

【相場の格言】 利益を稼ぐには、いつ売るかの出口戦略が重要!

    本日も引き続き政局相場。 まさに、選挙に売りなしの格言通りの展開となっています。   それにしても、上がり方が、半端ないですね。 まあ、下がり方も半端ないので、行って来いということなのですが、 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー